Rakuten infoseek

辞書

浮沈【フチン】

デジタル大辞泉

ふ‐ちん【浮沈】
[名](スル)
浮いたり沈んだりすること。うきしずみ。
「愛欲の海に―しながら」〈倉田出家とその弟子
栄えることと衰えること。うきしずみ。「会社の浮沈にかかわる重大事

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

浮沈
池波正太郎の時代小説。1989年刊行。「剣客商売」シリーズ最終巻。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ふちん【浮沈】
( 名 ) スル
浮くことと沈むこと。浮き沈み。 「溜水に-する孑孑ぼうふら/福翁百話 諭吉
栄えることと、衰えること。盛衰。 「国家の-にかかわる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うき‐しずみ ‥しづみ【浮沈】
〘名〙
① 浮いたり沈んだりすること。〔文明本節用集(室町中)〕
② 栄えたり衰えたりすること。ふちん。栄枯盛衰。
※太平記(14C後)二「塩ならぬ海にこがれ行く、身を浮舟の浮沈(うきシヅ)み」
③ 陽気になったり、しおれたりすること。また、表情や表現に起伏があること。
※歌謡・松の葉(1703)歌音声「序破急のくらゐ、うきしづみ、乙甲(をっかん)けやけからぬやうに心をつくべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うき‐しず・む ‥しづむ【浮沈】
〘自マ四〙
① 波の動きなどにつれて、浮いたり沈んだりする。
※古今(905‐914)物名・四二七「かづけども浪のなかにはさぐられで風吹くごとにうきしづむたま〈紀貫之〉」
② (「浮き」と「憂き」をかけて) 嘆き悲しむ。嘆き苦しむ。涙などの縁語。
※元真集(966頃か)「きみこふとわれぞなかれていはるべきなみだのかはのうきしづみつつ」
③ (比喩的に) 栄えたり衰えたりする。
※光経集(1230頃か)「うきしつむ後のうき世をおもひしれこころのほかの心やはある」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ‐ちん【浮沈】
〘名〙
① 浮いたり沈んだりすること。うきしずみ。
※古事記(712)序「海水に浮沈して、神祇身を滌ぐに呈れき」 〔梁武帝‐逸民詩〕
② 栄えることと衰えること。盛衰。人生の移り変わり。世の中の変遷。うきしずみ。
※菅家文草(900頃)三・秋「涯分浮沈更問誰、秋来暗倍客居悲」
※平治(1220頃か)上「便宜候はば、当家の浮沈をも試むべし」 〔司馬遷‐報任少卿書〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浮沈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浮沈の関連情報

他サービスで検索

「浮沈」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.