Rakuten infoseek

辞書

浮標【ふひょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浮標
ふひょう
buoy
ブイともいう。海上あるいは海中んでいて推進力をもたない構造物。ブイ海底その他の構築物に係留されているものと,海流や風に流されていくものに大きく分けられる。前者浅瀬の位置の標示などの海難防止のために用いられたり,海底に設置された計器類の位置標示などに用いられることが多い。後者は海流の様子を調査するのによく用いられる。最近では人工衛星によってブイの位置を観測することが可能になり,黒潮などの大海流にブイを投じ,それを追跡することによって黒潮の流路を探る試みがなされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふ‐ひょう〔‐ヘウ〕【浮標】
港湾・河海などの水面に浮かべておく標識。暗礁の所在や航路・錨地(びょうち)などを知らせる航路標識用と、係船用がある。ブイ。
漁網などについている浮き

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブイ【浮標】[戯曲]
三好十郎戯曲。昭和15年(1940)、新築地劇団八田元夫演出初演日中戦争が近づく時代を背景に、に倒れた妻を看病する画家苦悩を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ブイ【浮標】
三好十郎の戯曲。5。《文学界》1940年6~8月号に連載,同年3月,新築地劇団が八田元夫の演出で初演。戦中の酷薄な状況に生きる知識人像を描いた新劇傑作として知られている。ドラマは,画家の久我五郎が病妻の美緒を看護しつつ,千葉の郊外でひっそりと暮らしているところからはじまる。妻の病状の悪化にともなって,画家としても自信がもてなくなりかけるのだが,〈生きている事が一切だ〉という信条を,亡くなる美緒に語りかける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ふひょう【浮標】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふひょう【浮標】
船舶の安全航行のために設ける航路標識の一。暗礁や浅瀬あるいは沈船などの存在を示すために、海面に浮かしておく構造物。ブイ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふ‐ひょう ‥ヘウ【浮標】
〘名〙
① 港湾・河川・湖沼・海などの水面の特定の場所に浮かべる標識。航路・錨地・暗礁・浅瀬などを知らせる航路標識用のものと、船舶をつなぎとめるための繋留浮標とがある。ブイ。
※小学読本(1873)〈榊原芳野〉一「近来一種浮標といふ物を標とするあり」
② 網・漁具などのうき。
※旅日記から(1920‐21)〈寺田寅彦〉五「大きな釣針を借りて来て此れに肉片をさし〈略〉浮標にはライフブイを縛りつけて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浮標」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浮標の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.