Rakuten infoseek

辞書

浮(き)木【ウキギ】

デジタル大辞泉

うき‐ぎ【浮(き)木】
《「うきき」とも》
水の上に浮かんでいる木片。
船。いかだ。
「―に乗りて河の水上を尋ね行きければ」〈今昔・一〇・四〉
マンボウ別名

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ‐ぼく【浮木】
水に浮いている。うきぎ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ふぼく【浮木】
水に浮かび漂う木。うき木。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うき‐き【浮木】
〘名〙 (後世は「うきぎ」とも)
水上に浮かんでいる木材・木片流木
※十巻本和名抄(934頃)三「査 唐韻云楂〈鋤加反 字亦作査槎 宇岐々〉中浮木也」
※義血侠血(1894)〈泉鏡花〉二「唯是風の落葉を捲き、早瀬の浮木(ウキギ)を弄ぶに異らず」
② 船、またはいかだ。うけき。
※書紀(720)大化元年一二月(北野本訓)「海の畔に、枯査(ウキキ)東に向きて移り去りぬ」
※源氏(1001‐14頃)松風「いくかへりゆきかふ秋をすぐしつつうき木に乗りてわれかへるらん」
③ 盲目の亀が出会ったという木片。めったにない機会のたとえ。→浮き木に会える亀
※拾遺(1005‐07頃か)哀傷・一三三七「ごふ尽す御水洗河の亀なれば法のうききにあはぬなりけり〈選子内親王〉」
④ 魚「まんぼう(翻車魚)」の異名。〔俳諧・毛吹草(1638)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うけ‐き【浮木】
〘名〙
① いかだ。舟。うきき。
※書紀(720)神代下(水戸本訓)「無目堅間(まなしかたま)を以て浮木(ウケキ)に為(つく)りて」
② 漁具の名。→浮き

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ‐ぼく【浮木】
〘名〙 水に浮かんでいる木材・木片。うきき。
※康頼宝物集(1179頃)上「浮木に乗けん人の心地して」 〔埤雅〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浮(き)木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浮(き)木の関連情報

他サービスで検索

「浮(き)木」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.