Rakuten infoseek

辞書

浮世風呂【うきよぶろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浮世風呂
うきよぶろ
滑稽本。詳しくは『諢話 (おどけばし) 浮世風呂』。式亭三馬作。4編9巻。前編文化6 (1809) 年,二編同7年,三編同9年,四編同 10年刊。前編は男湯,二編と三編は女湯,四編は男補遺という構成。三馬の出世作。初代三笑亭可楽の銭湯の落語や,山東京伝黄表紙『賢愚湊 (けんぐいりこみ) 銭湯新話』 (02) などが着想に影響している。江戸下町の銭湯という庶民の社交場を舞台に,朝湯,昼湯,午後と時間を定め,そこに来る客同士のやりとりをいきいきと描く。中風の男,職人,隠居,医者,番頭,子供,女郎上がりの女,おしゃべりな女房,江戸の女,上方の女など,それぞれの登場人物を,風俗,動作の描写は軽くし,克明な会話の写実に重点をおくことによって性格づけようとしている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うきよ‐ぶろ【浮世風呂】
近世、遊女を置いて、客に接待させた公衆浴場。
[補説]書名別項。→浮世風呂

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うきよぶろ【浮世風呂】[書名]
江戸後期の滑稽本。4編9冊。式亭三馬著。文化6~10年(1809~1813)刊。銭湯に集まる江戸庶民の会話を通して、当時の生活の諸相を描いている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

浮世風呂
古典落語の演目のひとつ。音曲ばなし。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うきよぶろ【浮世風呂】
滑稽本。4編9冊。式亭三馬作。北川美丸(よしまる)・歌川国直画。前編1809年(文化6),二編10年,三編12年,四編13年刊。外題,内題は〈諢話(おどけばなし)浮世風呂〉。前編と四編が男湯,二編と三編が女湯の世界である。《浮世床》とともに三馬の滑稽本の代表作である。江戸庶民の社交場であった銭湯を舞台に,そこに登場する雑多な人物の生態を,会話を中心に克明に描いている。男湯と女湯に分け,各編の季節に変化をもたせている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うきよぶろ【浮世風呂】
江戸時代の銭湯。
書名(別項参照)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うきよぶろ【浮世風呂】
滑稽本。四編。式亭三馬作。1809~13年刊。江戸町人の社交場であった銭湯を舞台に、客の会話を通じて世相・風俗を描いたもの。写実性に富み、滑稽味豊かな作品。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

浮世風呂
うきよぶろ
式亭三馬(しきていさんば)作の滑稽本(こっけいぼん)。4編9冊。1809~13年(文化6~10)刊。『諢話(おどけばなし)浮世風呂』とも。江戸庶民の社交場であった銭湯を舞台に、そこに集まる雑多な人物の動作を、会話を主として克明に描いた作品である。前編・四編は男湯、二編・三編は女湯、また三編は正月、他は秋の季節とし、各編早朝から夕刻に至る間の情景を写す。凡例によれば、作者が三笑亭可楽(さんしょうていからく)の銭湯に関する落語を聞き、本屋の勧めで前編を執筆したというが、前編には山東京伝(さんとうきょうでん)の黄表紙(きびょうし)『賢愚湊銭湯新話(けんぐいりこみせんとうしんわ)』の影響が指摘できる。各編とも一貫した筋はなく、ときにわざとらしい趣向もあるが、人物の行動を克明に写して、おのずから笑いが確保されている。『浮世床』とともに三馬の代表作で、徹底した写実は国語資料としての価値も大きい。[神保五彌]
『中村通夫校注『日本古典文学大系63 浮世風呂』(1957・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うきよ‐ぶろ【浮世風呂】
[1] 〘名〙 (「浮世」は当世・享楽の意)
① 近世初期、湯女(ゆな)と称する遊女を置き、客に入浴・遊興させた遊女屋。
※随筆・兎園小説別集(1826‐32)中「江戸のはしばしなるあちこちにて妓女をもて世をわたりし茶屋〈注〉世にこれを浮世風炉といへり」
② 当世の浴場。銭湯。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「神祇釈教恋無常みないりごみの浮世風呂(ウキヨフロ)
[2] 江戸後期の滑稽本。式亭三馬作。北川美丸、歌川国直画。四編九冊。「諢話(おどけばなし)」の角書(つのがき)を持つ。文化六~一〇年(一八〇九‐一三)刊。江戸町人の社交場でもあった銭湯での会話や老若男女さまざまな人物像を活写して、庶民生活の種々相を浮きぼりにしている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浮世風呂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浮世風呂の関連情報

他サービスで検索

「浮世風呂」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.