Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

浜田彦蔵【はまだひこぞう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浜田彦蔵
はまだひこぞう
[生]天保8(1837).8.21. 播磨
[没]1897.12.12. 東京
幕末に活躍した通訳,貿易商。アメリカ彦蔵,ヒコダ唐人ともいわれた。嘉永3 (1850) 年 10月 20日『栄力丸』で江戸を出航したが,遠州灘で遭難。 52日間漂流したあげくアメリカ船『オークランド』号に救助されて,翌年2月サンフランシスコに着いた。その後は海員生活や学校生活をし,1858年アメリカに帰化してジョセフ・ヒコと名のり,日系アメリカ人第1号となった。安政6 (1859) 年 T.ハリス公使に伴われ,通訳として神奈川に帰着。文久1 (1861) 年また帰米したが,翌年帰国後は貿易業を営んだ。元治1 (1864) 年6月日本最初の民間新聞『海外新聞』を創刊した (初めは手書きで『新聞誌』といい,翌年5月に改題して木版印刷になった) 。その後は事業に失敗し,通訳や大蔵省勤務などでを過ごした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はまだ‐ひこぞう〔‐ひこザウ〕【浜田彦蔵】
[1837~1897]幕末明治の通訳・貿易商播磨(はりま)の人。江戸への航海中に漂流し、米国船に救われて渡米帰化し、ジョセフ=ヒコと称した。安政6年(1859)帰国、日米外交交渉に活躍し、また、日本最初の新聞「海外新聞」を横浜で発行。アメリカ彦蔵

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はまだひこぞう【浜田彦蔵】
1837‐97(天保8‐明治30)
幕末の漂流者。播磨(兵庫県)に生まれ,アメリカに帰化してジョセフ・ヒコJoseph Hecoと称し,アメリカ彦蔵ともいわれる。1850年(嘉永3)冬,江戸からの帰途海難にあい,漂流50余日でアメリカ船に救助され渡米,いったんマカオに送られたがペリー艦隊にあえず再び渡米し,アメリカで教育を受け,58年(安政5)アメリカ市民となった。その間ピアースおよびブキャナンの両大統領と会見し,59年アメリカ領事の通訳として来日し,日米通商条約の実施,遣米使節の派遣など外交交渉に活躍した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

浜田彦蔵
はまだひこぞう
(1837―1897)

幕末の漂民、明治にかけての貿易商。播磨国(はりまのくに)(兵庫県)に生まれた船乗りの子。1850年(嘉永3)14歳のとき遠州灘(えんしゅうなだ)で暴風雨にあい漂流50余日、アメリカ船オークランド号に救助されて渡米。教育また洗礼も受け、帰化して名をジョセフ・ヒコと改めた。1859年(安政6)9年ぶりに日本に帰り、華やかな幕末外交界に登場、アメリカ領事館の通訳として活躍、開国後の日本の外交に尽くした。俗にアメリカ彦蔵、播州彦蔵(ばんしゅうひこぞう)ともよばれる。1861年(文久1)ふたたび渡米、翌1862年帰国後は商館を開設、神戸・長崎などで貿易を営んだ。

 彼は職を転々としているが、有名なのは1864年(元治1)横浜で岸田吟香(きしだぎんこう)らと日本での民間最初の新聞『海外新聞』を発刊したことである。また大蔵省で国立銀行条例の編集にあたったこともあった。自己の漂流について『漂流記』(1863)を著し、そのほか英文の自伝を刊行した。

[小野信二]

『浜田彦蔵著、中川務他訳『アメリカ彦蔵自伝』2冊(平凡社・東洋文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

浜田彦蔵 (はまだひこぞう)
生年月日:1837年8月21日
江戸時代末期;明治時代の通詞;貿易商
1897年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はまだ‐ひこぞう【浜田彦蔵】
江戸末期から明治の貿易商。播磨国(兵庫県)の人。アメリカに帰化して、ジョセフ=ヒコと名のる。通称、アメリカ彦蔵、播州彦蔵。嘉永三年(一八五〇)遭難して漂流、アメリカ船に救助され渡米。帰国後、通訳、貿易に活躍。また日本で初めての民間新聞「海外新聞」を発刊。天保八~明治三〇年(一八三七‐九七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

浜田彦蔵
はまだひこぞう
1837〜97
幕末・明治時代の通訳・貿易商
通称アメリカ彦蔵。播磨(兵庫県)の人。1850年海難にあいアメリカ船に救われ渡米,帰化しジョセフ=ヒコと改名した。'59年アメリカ領事館通訳として帰国,'65年『海外新聞』を発行。また貿易にも従事した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

浜田彦蔵 はまだ-ひこぞう

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

浜田彦蔵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浜田彦蔵の関連情報

関連キーワード

徳川家斉マンウィリスコワニエジェラールストーンダイバーズデュ=ブスケパンペリーファン=ドールン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.