Rakuten infoseek

辞書

浜松中納言物語【はままつちゅうなごんものがたり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浜松中納言物語
はままつちゅうなごんものがたり
平安時代後期の物語。6巻。首巻を欠き,現存するのは5巻。正しくは『み津の浜松』。作者は通説では菅原孝標 (たかすえ) 女とし,『更級日記』執筆後の作とする。夢に生きる幻想的な転生物語として,平安時代の物語のうち最も伝奇性の強い作品である。本作の影響を受けたものとして,藤原定家の作といわれる『松浦宮物語 (まつらのみやものがたり) 』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はままつちゅうなごんものがたり【浜松中納言物語】
平安後期の物語。現存5巻で首部を欠く。菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)の作と伝える。成立年未詳。浜松中納言の日本と唐土にまたがる恋や転生を中心とする浪漫的な物語。御津(みつ)の浜松。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はままつちゅうなごんものがたり【浜松中納言物語】
平安後期の物語。作者は菅原孝標女(たかすえのむすめ)か。原名は《御津の浜松》で5巻現存,首巻散逸。故宮の息中納言は,義父の大将が式部卿宮に嫁がせると約束していた大将の娘大君と契り,大将を困惑させる。折から中納言は亡父が唐の皇子に転生していると伝聞し,夢にも見て渡唐する。そこで転生の皇子とその母后に会って,母后に心ひかれ,のち,はからずも契り男子が生まれる。この母后は遣日使と日本の上野宮との間の子であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はままつちゅうなごんものがたり【浜松中納言物語】
物語。五巻。首巻を欠く。菅原孝標女たかすえのむすめ作と伝える。1053年頃成立か。浜松中納言の唐土にまで及ぶ恋愛を描き、夢と転生に関する叙述が多い。御津みつの浜松。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

浜松中納言物語
はままつちゅうなごんものがたり
平安後期成立の物語。現存5巻であるが、首部に1、2巻の欠巻がある。藤原定家筆、御物本『更級(さらしな)日記』奥書に「常陸守(ひたちのかみ)菅原孝標(すがはらのたかすゑ)の娘の日記也(なり)。(中略)夜半(よは)の寝覚(ねざめ)、御津(みつ)の浜松、みづから悔(く)ゆる、朝倉などは、この日記の人の作られたるとぞ」と、『御津の浜松』(原題)の作者に関する伝承が記されているのと、夢の頻出や、その浪漫(ろうまん)的精神の共通性などより、『更級日記』の作者と同一である可能性がきわめて高い。冒頭散逸部を、『拾遺百番歌合(うたあわせ)』『無名草子(むみょうぞうし)』『風葉集』の引用記事や、現存部の内部徴証より推定すると、故式部卿宮男(しきぶのきょうのみやのむすこ)の源中納言(げんちゅうなごん)は、母が再婚した相手の左大将を疎むが、娘の大君(おおいきみ)とは深い仲となる。しかし亡父への慕情に耐えられないでいると、夢告に亡父が唐土の第三皇子に転生したとあり、渡唐するが、その後、残された大君は懐妊し、剃髪(ていはつ)して姫君を出産した。ここより現存巻一が始まり、渡唐した中納言は唐土の皇子に対面するが、その母であり、父を日本人にもつ河陽県の后(きさき)とひそかな間柄となり、悶々(もんもん)のうちに、唐后が生んだ男子を連れて帰国した。そして出家した大君と清らな仲を続けようと思うが、唐后の異母妹である吉野の姫君を引き取って苦悩するうち、姫君は好色な式部宮に誘拐(ゆうかい)され妊娠した。しかし身ごもった子が唐后の転生であるとの夢告に、唐后への愛を求める主人公は複雑な感慨に沈んだ。以上のように、場面が日本と中国とにまたがったり、夢告による転生を繰り返すなど新奇な筋立てではあるが、登場人物には『源氏物語』における光源氏、藤壺(ふじつぼ)、紫上(むらさきのうえ)、弘徽殿女御(こきでんのにょうご)、薫君(かおるのきみ)、匂宮(におうのみや)たちが強い影を落とし、本質的にはその模倣の域を出ない。しかし、その浪漫的精神の特異性に目を向ければ、これが定家の『松浦宮物語(まつらのみやものがたり)』や、三島由紀夫(ゆきお)の『豊饒(ほうじょう)の海』執筆のモチーフとなった影響力が注目される。江戸初期をさかのぼる伝本がなく、本文上不明の箇所が目だつ。[池田利夫]
『松尾聡著『平安時代物語論考』(1968・笠間書院) ▽同校注『浜松中納言物語』(『日本古典文学大系77』所収・1964・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はままつちゅうなごんものがたり【浜松中納言物語】
平安末期の物語。現存五巻で首巻を欠く。菅原孝標(たかすえ)の女の作とされる。康平五年(一〇六二)頃の成立。主人公浜松中納言と継父左大将の娘大姫との悲恋、また、実父の転生である唐土の第三皇子を訪ねて渡唐した際ちぎった河陽県の后との恋など、物語は夢のお告げと仏教の輪廻転生(りんねてんしょう)を軸に展開し、舞台を中国にまで広げるなど浪漫的色彩が濃い。別名、御津(みつ)の浜松。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浜松中納言物語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浜松中納言物語の関連情報

他サービスで検索

「浜松中納言物語」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.