Rakuten infoseek

辞書

浜島【はまじま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浜島
はまじま
三重県志摩半島南部の地区。旧町名。 1919年町制。 2004年 10月,大王町,志摩町,阿児町,磯部町と合併し,志摩市となる。町名は古代以来の通称による。西に開く英虞 (あご) 湾口の北に位置し,支湾浜島港は古くから熊野灘廻船の避難港,風待ち港として知られた。アワビ,サザエ,テングサ採取などの沿岸漁業のほか,真珠,タイなどの養殖業造船業,水産加工業が立地。メロンの集団栽培も行なわれる。奥志摩観光の拠点の一つで,浜島古墳や大規模レジャー施設合歓の郷がある。全域伊勢志摩国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

浜島
はまじま
三重県中東部、志摩郡(しまぐん)にあった旧町名(浜島町(ちょう))。現在は志摩市の南西部を占める一地区。1919年(大正8)町制施行。2004年(平成16)大王(だいおう)町、志摩町、阿児(あご)町、磯部(いそべ)町と合併、市制施行して志摩市となる。旧町域は、志摩半島南東部、英虞湾(あごわん)北岸に位置し、国道260号が通じる。浜島港は天然の良港で、かつては遠洋漁業の基地であり、造船業なども発達したが、現在は湾内の真珠、タイなどの養殖漁業と観光が主産業。県の水産研究所、栽培漁業センターがある。また暖地性農業が行われ、集団栽培による南張(なんばり)メロンなどを特産する。全域が伊勢志摩国立公園(いせしまこくりつこうえん)に属し、温暖な気候とリアス式海岸に臨む隆起海食台の景観に恵まれ、別荘地、ゴルフ場などの観光開発が進んでいる。音楽中心の総合レジャーランド「合歓の郷(ねむのさと)」があり、サーフィン、海水浴の適地で、温泉館もある。[伊藤達雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浜島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浜島の関連情報

関連キーワード

常用漢字新常用漢字表日野ルノー PA型PD6(T)型直6下垂体競技場長門(市)アルバート プホルスシキミ酸国連教育科学文化機関

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.