Rakuten infoseek

辞書

浅〔淺〕【セン】

デジタル大辞泉

せん【浅〔淺〕】[漢字項目]
[音]セン(呉)(漢) [訓]あさい
学習漢字]4年
〈セン〉
水かさが少ない。「浅海浅水深浅
濃くない。「浅紅浅緑
知識・思慮が乏しい。あさはか。「浅学浅見浅薄浅慮
〈あさ〉「浅瀬浅緑浅知恵遠浅
[名のり]あさ
[難読]浅葱(あさぎ)浅蜊(あさり)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あさ【浅】
(形容詞「あさい」の語幹)
[1] 〘語素〙 名詞の上について、その名詞の表わす物や状態の、丈、深度、濃度などの程度がはなはだしくないことを示す。丈が低い、底が近い、まばらである、色が薄い、傷が軽い、など。「浅茅」「浅瀬」「浅篠原」「浅緑」「浅手」。⇔深(ふか)
[2] 〘名〙 「あさぎうら(浅葱裏)②」の略。
雑俳柳多留‐二四(1791)「浅めらがふざきあがると遣り手いい」
[補注]「あさ」を語基として派生する語は、形容詞「あさし」のほかに、上代には「あさらか」などがあり、下二段活用の動詞「あす」(後世も「色があせる」と用いる)とも関係があろう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あさ・い【浅】
〘形口〙 あさ・し 〘形ク〙
① 空間的に表面、外面などの基準面から内部方向への隔たりが小さい、距離が短い。深くない。奥深くない。
※催馬楽(7C後‐8C)沢田川「沢田川袖つくばかりや 安左介礼(アサケレ)ど はれ 安左介礼(アサケレ)ど くにの宮人や 高橋渡す」
※日葡辞書(1603‐04)「Asai(アサイ) ヤマ」
② 感情、情趣、思慮、分別、思考、知覚心理などが、表面的で単純である。
(イ) 感情が痛切でない。情愛が薄い。思い方や思いやりが不十分である。
※万葉(8C後)一六・三八〇七「安積香山(あさかやま)影さへ見ゆる山の井の浅(あさき)心をわが思はなくに」
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「汝不孝の子ならば、親にながき嘆きあらせよ。孝の子ならば、あさき思ひのあさきにあひむかへ」
(ロ) 思慮、分別に乏しい。軽率で軽々しい。あさはかである。
源氏(1001‐14頃)若菜下「ゆくりかに、あやしくはありしわざぞかし、とはさすがにうち覚ゆれど、おぼろげにしめたるわが心からあさくも思ひなされず」
※日葡辞書(1603‐04)「ココロノ asai(アサイ) ヒト〈訳〉単純で策略のない人」
(ハ) 情趣や美の到達度が不十分である。浅薄である。
※源氏(1001‐14頃)若紫「これは、いとあさく侍り。人の国などに侍る海山の有様などを御覧ぜさせて侍らば、いかに御絵いみじうまさらせ給はむ」
(ニ) 感情、情趣などがおさえられて、あっさりとしている。
※花鏡(1424)奥段「音曲を本として、風体をあさく舞などをも」
③ 物事と関係しあう程度が薄い。かかりあい方が深くない。
(イ) 縁、恩、交際などの人間関係が薄い。
※青表紙一本源氏(1001‐14頃)若紫「げに思ひ給へより難きついでに、かくまで、のたまはせ、きこえさするも、あさくはいかが」
※平家(13C前)七「一樹の陰にやどるも先世の契あさからず」
(ロ) ある行為や状態の程度・度合などが深くない。「傷は浅いぞ、しっかりしろ」
※紫式部日記(1010頃か)消息文「慈悲ふかうおはする仏だに、三宝そしる罪は浅しとやは説い給ふなる」
(ハ) 伝統、知識、経験などがまだ十分でない。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「なに事もまだあさくて、たより少くこそ侍らめ」
※日葡辞書(1603‐04)「チエノ asai(アサイ) ヒト〈訳〉知恵のすくない人」
④ 色や香がかすかである。
(イ) 色が薄い。淡い色である。
※大和(947‐957頃)六一「藤の花色のあさくもみゆるかなうつろひにけるなごりなるべし」
※日葡辞書(1603‐04)「Asai(アサイ) ミドリ」
(ロ) 香が強くない。香がほのかである。
※源氏(1001‐14頃)梅枝「花の香は散りにし枝にとまらねど移らむ袖にあさくしまめや」
(ハ) 霧や霞などが多くなく、うっすらとかかっている。
※落梅集(1901)〈島崎藤村〉小諸なる古城のほとり「浅くのみ春は霞みて 麦の色はつかに青し」
⑤ 家柄、身分、地位が低い。いやしい。→あさき(浅)根差し
※栄花(1028‐92頃)見はてぬ夢「位などもあさう、人々しからぬ有様にてあるにや」
⑥ 始まりから、それほど日時がたっていない。
(イ) その季節になってからまもない。また、そのために季節(特に春)らしさの現われが、十分でない。
※山家集(12C後)中「春あさき篠(すず)の籬(まがき)に風さえてまだ雪消えぬ信楽(しがらき)の里」
(ロ) 日がまだ長くたっていない。
※油地獄(1891)〈斎藤緑雨〉一「出京後日数が浅(アサ)いので兎角(とかく)馴染がない」
⑦ (出番が)早い。寄席芸人の間でいう。「出番が浅い」「浅いとこに出る」
[語誌]動詞「浅(あ)す(浅せる)」と同根。ある基点からの内部方向への隔たりを表わし、「深い」と対義関係になって、その隔たりの大小を表わす。①~④⑥の用法は「深い」の対義語、②④は「薄い」と類義語。ただし色については「浅」は「あさみどり」のように青系統の色に用い、「薄色」は紅・紫の赤系統の色に用いる。また、地位や身分をいう⑤は和歌には見えず、物語類に見える表現で、「高い」の対義語であったが、中世以降は新たに生じた「低(ひき)し」が用いられるようになる。
あさ‐さ
〘名〙
あさ‐み
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あさ・う あさふ【浅】
〘自ハ下二〙 (形容詞「あさい(浅)」の語幹に接尾語「ふ」の付いた語)
① 家柄、地位、身分などが低い状態にある。
※源氏(1001‐14頃)竹河「まだ、位なども、あさへたる程をなどおぼすに」
② 思慮が足りない状態にある。また、そのようにふるまう。浅はかである。
※源氏(1001‐14頃)幻「ましていかでかは心やすくも思し捨てん。さやうにあさへたる事は、かへりて軽々しきもどかしさなどもたちいでて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あさ・し【浅】
〘形ク〙 ⇒あさい(浅)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あさ・ぶ【浅】
[1] 〘他バ四〙 けいべつする。あなどる。あさむ。
※経信母集(11C中か)「罰あるべきなど、あさびあへる、法にこえたり」
[2] 〘自バ上二〙 いやしくなる。下品になる。
※雑俳・蓬莱山(1709)「下手の花床のあさびたつぼねかい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あさまし【浅】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あさまし・い【浅】
〘形口〙 あさまし 〘形シク〙 (動詞「あさむ(浅)」の形容詞化。意外なことに驚いたり、あきれたりする意が原義。よい場合にも悪い場合にも用いたが、現代語では悪い意味にだけ使う)
① 意外である。驚くべきさまである。
※竹取(9C末‐10C初)「取がたき物をかくあさましくもて来る事をねたく思ひ」
※源氏(1001‐14頃)桐壺「物の心知り給ふ人は、『かかる人も、世に出でおはする物なりけり』と、あさましきまで、目をおどろかし給ふ」
② 興ざめである。あまりのことにあきれかえる。
※竹取(9C末‐10C初)「かくあさましき空ごとにてありければ、はや返し給へ」
※枕(10C終)九七「あさましきもの。刺櫛すりて磨く程に、ものにつきさへて折りたる心地。〈略〉ただ夢の心地して、あさましうあへなし」
③ (「あさましくなる」の形で用い、思いもかけないことになる、何とも言いようのないさまになるの意から) 死ぬことをいう。
※海人刈藻物語(1271頃)二「御心もなきやうにておはしましけるが、夜に入りて、あさましくなり給ひぬ」
④ (程度、状態が驚きあきれる程であるというところから) はなはだしい。ひどい。
※古今著聞集(1254)七「浅猿(あさまし)くふるく成りたる寺あり」
⑤ 情けない。嘆かわしい。見苦しい。
※うたたね(1240頃)「とばかし来し方行く先を思ひ続くるに、さもあさましく果無かりける契りの程を、など、かくしも思ひ入れけんと」
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「冷い他人の手から手へと渡たされて揚句の果が浅間しい売淫婦」
⑥ 生活がみじめである。貧乏でいたましい。
※虎寛本狂言・鈍太郎(室町末‐近世初)「『扨々浅ましい形(なり)で御ざる』『誠にはかない体(てい)で御ざる』」
⑦ 品性がいやしい。がつがつしている。さもしい。
※玉塵抄(1563)一六「一切人の心はよいをねたみきらうぞ。あさましいことぞ」
⑧ 地位や身分が低い。
※曾我物語(南北朝頃)六「わらはは大磯の君、あさましき物の子なれば」
あさまし‐が・る
〘自ラ五(四)〙
あさまし‐げ
〘形動〙
あさまし‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あさ・む【浅】
(後世は「あざむ」とも)
[1] 〘自マ四〙
① 予期していたこととはかけ離れた事態に出あって驚き、あきれる。あっけにとられる。よい場合にも悪い場合にもいう。
※狭衣物語(1069‐77頃か)一「『空言はいとうたてあり。大殿の笛の音にも似ず、世の常ならぬ音は、誰伝へん』と、あさませ給て」
② 意外なことで興ざめる。あきれかえる。
※浜松中納言(11C中)一「『いふかひなし。誰とだに知らせで止みぬるわざをせん』と言ひ合せつつ、おどろきあさむ気色も見せず」
[2] 〘他マ四〙
① 驚きあきれたことだと思う。あさましく思う。
※和泉式部日記(11C前)「いとぞあさましきや。世のなかの人のあさみきこゆることよ」
② けいべつする。さげすむ。あなどる。
※愚管抄(1220)六「猶申しゆるさんとする卿の二位をぞ人はあさみける」
※恋衣(1905)曙染〈与謝野晶子〉「こころ懲りぬ御兄なつかしあざみては博士得ませと別れし人も」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あさ・ゆ【浅】
〘自ヤ下二〙 色などが浅くなる。色があせる。色が薄らぐ。褪(あ)す。
※馬内侍集(11C前)「くるしとて色に出づればあさえけり染めてくやしき花を見るかな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あさら・ぐ【浅】
〘自ガ下二〙 次第に浅くなる。淡くなってゆく。薄らぐ。
幸若・いるか(室町末‐近世初)「いかにもして御なかのあさらけなむをたくみ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あさり【浅】
〘名〙 川や海の、浅い所。浅み。浅瀬。
※発心集(1216頃か)四「地はさながら白浪にて、いささかのあさりだになし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅〔淺〕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浅〔淺〕の関連情報

他サービスで検索

「浅〔淺〕」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.