Rakuten infoseek

辞書

浅野長矩【あさのながのり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浅野長矩
あさのながのり
[生]寛文7(1667).赤穂
[没]元禄14(1701).3.14. 江戸
江戸時代中期の播州赤穂藩5万 3000石の藩主。内匠頭。元禄 14 (1701) 年3月 11日勅使供応を幕府より仰せつけられ,吉良義央 (よしなか,通称上野介) に接待の教示を受けたが,贈り物の不十分であったことから義央に不親切にされ,それを遺恨に3月 14日義央に切りつけ,同日長矩は切腹。藩は取りつぶされ,赤穂事件の原因となった。 (→赤穂義士 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あさの‐ながのり【浅野長矩】
[1667~1701]江戸中期播磨(はりま)国赤穂(あこう)藩主。内匠頭(たくみのかみ)元禄14年(1701)3月14日、勅使接待役となったが、吉良義央(きらよしなか)を江戸城中で傷つけたため即日切腹、領地は没収された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

浅野長矩 あさの-ながのり
1667-1701 江戸時代前期の大名。
寛文7年8月11日生まれ。浅野長友の長男。妻は瑶泉院(ようぜいいん)。延宝3年播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩主浅野家3代となる。元禄(げんろく)14年勅使の接待役となり,その典礼の指南役吉良義央(きら-よしなか)に同年3月14日江戸城内できりつけ,即日切腹,領地は没収された。35歳。墓所は泉岳寺(東京都港区高輪(たかなわ))。官職名は内匠頭(たくみのかみ)。翌年12月14日家老の大石良雄以下遺臣47人が吉良邸に討ち入り長矩の仇(あだ)を討った。
【格言など】風さそふ花よりもなほ我はまた春の名残をいかにとやせん(辞世)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あさのながのり【浅野長矩】
1667‐1701(寛文7‐元禄14)
播磨赤穂城主。5万3500石。広島浅野家の分家。1645年祖父長直が常陸笠間から転じ,75年(延宝3)に父長友の跡を継いだ。1701年3月14日,勅使の御馳走役であった長矩は,勅使らが到着する直前,江戸城本丸の松之廊下で高家肝煎の吉良義央(きらよしなか)に斬りつけ負傷させたために捕らえられ,即日,切腹・改易の処分をうけた。その遺臣たちが翌年12月義央を殺害した事件は有名である。【田原 嗣郎】 赤穂浪士の討入りはその後戯曲等に仕組まれ,浅野長矩は《仮名手本忠臣蔵》では伯州の城主,塩冶(谷)(えんや)判官高貞(定)として登場する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あさのながのり【浅野長矩】
1667~1701) 江戸中期の大名。播磨はりま国赤穂あこう藩主。内匠頭たくみのかみ。1701年(元禄14)3月14日勅使接待役となったが、殿中で典礼指南の吉良義央きらよしなかに切りつけ、即日、切腹・除封の処分を受けた。 → 赤穂浪士

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

浅野長矩
あさのながのり
(1667―1701)
播磨(はりま)赤穂(あこう)城主、5万3500石。広島浅野家の分家。妻は浅野長治(ながはる)の長女(瑤泉院(ようぜいいん))。1645年(正保2)浅野長直(ながなお)が常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)から赤穂に転封となり加里屋(かりや)城を築いたが、長矩はその孫で1675年(延宝3)に父長友(ながとも)の跡を継いだ。1680年、従(じゅ)五位下内匠頭(たくみのかみ)。1701年(元禄14)幕府から勅使の御馳走(ごちそう)役を命ぜられたが、その指南(しなん)役である高家肝煎(こうけきもいり)の吉良義央(きらよしなか)との間柄が悪化した様子で、3月14日幕府の年賀の答礼として京都から派遣された勅使・院使が到着する直前に、江戸城本丸の松之廊下で「私の遺恨」から吉良に斬(き)りつけたが、軽傷を与えただけで捕らえられ、ただちに切腹させられ領地は没収された。墓は江戸・高輪(たかなわ)の泉岳寺(せんがくじ)。その遺臣らが失われた主家の名誉を回復せんとして、翌1702年12月吉良を殺害した事件は有名である。[田原嗣郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

浅野長矩 (あさのながのり)
生年月日:1667年8月11日
江戸時代前期;中期の大名
1701年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅野長矩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浅野長矩の関連情報

関連キーワード

瀬尾昌琢堀越三右衛門クレメンス9世解析学デ・ウィットドゥブロブニク特権マニュファクチュアドライデン有栖川宮

他サービスで検索

「浅野長矩」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.