Rakuten infoseek

辞書

浅見絅斎【あさみ けいさい】

美術人名辞典

浅見絅斎
江戸中期の儒者。近江生。名は安正、号は望楠軒、通称は重次郎。初め医者を業としたが、山崎闇斎に師事して儒学を修め、崎門三傑の一人と言われる。また勤王の志篤く、『靖献遺言』を著わし、幕末の尊王思想に多大な影響を与えた。正徳元年(1711)歿、60才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

あさみ‐けいさい【浅見絅斎】
[1652~1712]江戸中期の儒学者。近江(おうみ)の人。名は安正。別号、望楠楼。山崎闇斎に学び、佐藤直方三宅尚斎とともに崎門(きもん)三傑の一人。勤王を唱え、著書「靖献遺言(せいけんいげん)」がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

浅見絅斎 あさみ-けいさい
1652-1712* 江戸時代前期-中期の儒者。
慶安5年8月13日生まれ。山崎闇斎(あんさい)にまなび,崎門(きもん)三傑のひとりとされたが,神道説に反対し破門される。生涯仕官せず,京都でおしえた。その著「靖献遺言(せいけんいげん)」は幕末の尊王思想に影響をあたえた。正徳(しょうとく)元年12月1日死去。60歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。本姓は高島。名は順良,安正。通称は重次郎。著作に「忠孝類説」「大学講義」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あさみけいさい【浅見絅斎】
1652‐1711(承応1‐正徳1)
江戸初期の朱子学者。名は安正,幼名順良,通称重次郎,絅斎は号。近江国の人。初め高島氏を称し,後浅見氏に改める。初め医を業とし,後京都に出て山崎闇斎の門人となり,儒者として身を立て,闇斎の朱子学を継承し,佐藤直方,三宅尚斎とともに崎門(きもん)三傑と称せられ,その筆頭に推重された。しかし師闇斎の神道尊信に反対し,一時師門を破門された。著書はすこぶる多く,《靖献遺言》8巻は忠志を貫徹した中国の志士8人の伝記を叙しその事業を顕彰したもので,近世勤王論の発展に大いなる感化を与えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あさみけいさい【浅見絅斎】
1652~1711) 江戸中期の儒者。近江の人。名は安正。山崎闇斎に学び、崎門きもん三傑の一人。師の垂加神道をとらず、敬義内外説に異を唱えて破門された。その著「靖献遺言せいけんいげん」は近世尊王論に多大の影響を与えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浅見絅斎
あさみけいさい
[生]慶安5(1652).8.13. 近江
[没]正徳1(1711).12.1.
江戸時代中期の朱子学派の儒学者。名は安正,通称は重次郎,号は絅斎,望南楼。初め京都に上って医を業としたが,28歳のとき山崎闇斎に学び,崎門三傑の一人となる。性質は狷介で厳格,終生仕官せず,門人の教育に努めた。敬神尊王説を唱え,朱子学を尊信し,格物究理の目的は君臣父子の大義名分を明らかにするにあると説いた。楠木正成を尊び,南朝正統論を唱え,また中国の忠孝義烈の士の文章を集めた『靖献遺言』 (1748) は幕末志士に大きな影響を与えた。弟子に三宅観瀾,谷秦山,若林強斎らがある。著書『六経編考』 (1693) ,『聖学図講義』『明徳説』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

浅見絅斎
あさみけいさい
(1652―1711)
江戸中期の儒学者。名は安正、通称重次郎。絅斎は号。近江(おうみ)国高島郡(滋賀県高島市)の人。山崎闇斎(やまざきあんさい)の門人で、闇斎の純正朱子学の学風を継承し、佐藤直方(さとうなおかた)、三宅尚斎(みやけしょうさい)とともに「崎門(きもん)の三傑」と称せられた。闇斎が神道を重んじるに及び師門を離れたが、のち師の神道説にも理解と尊信をもつに至った。ひととなりは厳毅、つねに長刀を帯し、脛巾(はばき)に「赤心報国」の4字を篆鐫(てんせん)(篆字を彫り刻むこと)したという。著述はすこぶる多く、『辨(べん)大学非孔氏之遺書辨』『忠孝類説』『靖献遺言(せいけんいげん)』8巻は、近世勤王論の発達に大きな影響を与えた著作として知られる。また楠木正成(くすのきまさしげ)を敬い、望楠軒(ぼうなんけん)とも号した。
 後年神道を尊び、生涯任官せず門人の教育に尽力した。門人に三宅観瀾(みやけかんらん)、若林強斎(わかばやしきょうさい)らがある。正徳(しょうとく)元年12月1日に没した。60歳。[平 重道]
『舞田正養著『絅斎先生全集編纂の由来』(『増補 山崎闇斎と其門流』1943・明治書房・所収) ▽平重道著『近世日本思想史研究』(1969・吉川弘文館) ▽近藤啓吾著『浅見絅斎の研究』(1970/増訂版・1990・神道史学会) ▽近藤啓吾・金本正孝編『浅見絅斎集』(1989・国書刊行会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

浅見絅斎 (あさみけいさい)
生年月日:1652年8月13日
江戸時代中期の儒学者
1712年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あさみ‐けいさい【浅見絅斎】
江戸前期の朱子学者。名は安正。通称重次郎。別号、望楠楼。近江の人。山崎闇斎(あんさい)の崎門(きもん)三傑の一人で、尊王思想を説く。京都に塾を開き、一生諸侯に仕えなかった。著「靖献遺言(せいけんいげん)」は幕末の志士に強い影響を与えた。他に「中国弁」など。承応元~正徳元年(一六五二‐一七一一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅見絅斎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浅見絅斎の関連情報

他サービスで検索

「浅見絅斎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.