Rakuten infoseek

辞書

浅蜊【アサリ】

デジタル大辞泉

あさり【浅×蜊】
マルスダレガイ科の二枚貝淡水の流れ込む浅海の砂泥地にすむ。殻長約4センチ。殻表は粗い布目状で、模様は変化に富む。食用。あさりがい。 春》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あさり【浅蜊】
海産の二枚貝。殻長4センチメートル 内外。長楕円形で、殻表には細い布目状のすじがあり、色・模様はさまざま。淡水の混じる浅海の砂泥地にすむ。食用。北海道以南に広く分布。 [季] 春。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

浅蜊 (アサリ)
学名:Ruditapes philippinarum
動物。マルスダレガイ科の二枚貝

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あさり【浅蜊】
〘名〙 マルスダレガイ科の二枚貝。殻は卵形で、殻長約四センチメートル。表面は灰白色の地に細かい布目状のすじや灰青色の斑紋や斑点があり、色彩は変化に富む。日本各地の内湾域の砂泥地に多く生息する。肉は食用とされる。近縁種にヒメアサリなどがある。あずまうたた。べにあさり。やまぶき。しらきじ。かのこ。あさりがい。《・春》〔俳諧・毛吹草(1638)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅蜊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浅蜊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.