Rakuten infoseek

辞書

浅葱裏・浅黄裏【あさぎうら】

精選版 日本国語大辞典

あさぎ‐うら【浅葱裏・浅黄裏】
〘名〙
① 衣服の、あさぎ色の裏地。あさぎ色の裏地をつけた着物。
※貞順豹文書(1548)「あさきうらの事紫の小袖又はあかねなどのうらには付る方も候歟」
※浄瑠璃・心中天の網島(1720)中「郡内(ぐんない)の、しまつして着ぬあさぎうら、黒羽二重の一ちゃうら」
② (着物の裏地にあさぎ木綿を用いる者が多かったところから) 遊里で、江戸勤番に出てきた野暮で武骨な田舎侍の客をあざけって呼んだ語。
雑俳・柳多留‐一二(1777)「浅ぎうら手をこまぬひて待て居る」
③ 野暮であること。不粋なさま。
※雑俳・藐姑柳(1785)七月朔日「琴を習ふは娘でも浅黄うら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅葱裏・浅黄裏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浅葱裏・浅黄裏の関連情報

他サービスで検索

「浅葱裏・浅黄裏」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.