Rakuten infoseek

辞書

浅葱・糸葱【あさつき】

精選版 日本国語大辞典

あさ‐つき【浅葱・糸葱】
〘名〙 (「あさづき」とも)
① ユリ科の多年草。中国および日本原産。山野に生えるが、野菜としても栽培する。高さ約三〇センチメートル。形状はラッキョウに似る。地下に長卵形で、薄い紅紫色の鱗茎(りんけい)がある。葉は長さ約二〇センチメートルの細い中空の円柱状。初夏、花茎の頂に淡紫色の小花を半球形につける。葉や茎はネギの代用、鱗茎はきざんで薬味に用いる。せんぼんわけぎ。せんぶき。《季・春》
※十巻本和名抄(934頃)九「嶋蒜 楊氏漢語抄云嶋蒜〈阿佐豆木 式文用之〉」
※俳諧・毛吹草(1638)二「二月〈略〉あさつき にら 青からし」
※雑俳・川傍柳(1780‐83)一「あさつきはあいそつかしの鱠也」
③ 植物「のびる(野蒜)」の異名

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅葱・糸葱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浅葱・糸葱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.