Rakuten infoseek

辞書

浅草海苔【アサクサノリ】

デジタル大辞泉

あさくさ‐のり【浅草海苔】
ウシケノリ科の紅藻。アマノリ類の代表種。紅紫色で、冬から春にかけて生育する。食用として養殖。名は、江戸初期に浅草あたりの海辺からとれたからという。むらさきのり。
生のアマノリを刻み、に流して漉(す)き、日光で乾燥させたもの。干しのり。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あさくさのり【浅草海苔】
紅藻類ウシケノリ目アマノリ属の海藻。内湾の潮間帯に生じる。紅紫色の薄い膜状体で、一層の細胞層よりなる。各地で養殖され、干して食用とする。むらさきのり。あまのり。
ほしのり。 名の由来は、古く浅草辺りでとれたからとも、浅草で干し海苔にしたからとも

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

浅草海苔 (アサクサノリ)
学名:Porphyra tenera
植物。ウシケノリ科の紅藻

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あさくさ‐のり【浅草海苔】
〘名〙
① (江戸時代、江戸浅草付近の隅田川で養殖、または製品としたからとも、浅草観音境内で売ったからともいわれる) 干海苔(ほしのり)の総称。
※料理物語(1643)二「甘苔 ひや汁、あぶりさかな。浅草のり」
② 紅藻類ウシケノリ科の海藻。各地の海岸、特に湾内の潮間帯に生え、干海苔の原料とするため、竹、木などに付着して養殖される。体は紅紫色、または緑紫色の薄い葉状。長さ一五~二五センチメートル、幅三~一〇センチメートルほどの長楕円形、円形などで、縁に波形のしわがある。雌雄同株で雌細胞の部分は色が濃く、雄細胞の部分は色が淡い。冬の終わりに果胞子ができ、夏は貝の中などで、糸状体で過ごし、秋に再び胞子を作り、これを放出して幼体となり、冬に生長、繁殖する。あまのり。むらさきのり。かきつも。《季・春》〔本朝食鑑(1697)三〕
③ 干海苔の原料となる海藻の総称。主に紅藻類アマノリ属のアサクサノリ、スサビノリ、ウップルイノリ、コスジノリなど。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅草海苔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浅草海苔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.