Rakuten infoseek

辞書

浅妻 文樹【アサヅマ フミキ】

新撰 芸能人物事典 明治~平成

浅妻 文樹
アサヅマ フミキ

職業
ビオラ奏者 指揮者

専門
ビオラ・ダモーレ

肩書
東京芸術大学音楽学部器楽科教授

生年月日
昭和6年 8月23日

出生地
東京

学歴
東京芸術大学〔昭和31年〕卒,東京芸術大学専攻科〔昭和32年〕修了

経歴
昭和31年〜38年N響。楽団メンバーによるフィルハーモニア弦楽四重奏団に所属。38年東京芸大に移り、のち教授。この間、40年東京アカデミカー・アンサンブルを設立し、欧州の音楽祭に参加を続ける。41年〜42年文化庁在外研修員としてウィーン国立音大でカール・シュトゥンプに師事。同年日本人初のビオラ・ダモーレ演奏会を開催。訳書にドルメッチ「17・18世紀の演奏解釈」など。

所属団体
東京アカデミカー・アンサンブル(指揮),日本ヴィオラ研究協会(会長),日本コンサート協会

没年月日
平成1年 12月19日 (1989年)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅妻 文樹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浅妻 文樹の関連情報

他サービスで検索

「浅妻 文樹」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.