Rakuten infoseek

辞書

浄衣【じょうえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浄衣
じょうえ
清浄なる衣服,つまり潔斎の服であり,神事仏参のときに用いる。白色無文の狩衣 (かりぎぬ) と同じ作りで,布 (麻) でつくるのが常である。ただし上皇のものには生絹を用いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょう‐い〔ジヤウ‐〕【浄衣】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう‐え〔ジヤウ‐〕【浄衣】
《清浄な衣服の
白布または生絹(すずし)で仕立てた狩衣(かりぎぬ)形の衣服。神事・祭祀(さいし)などに着用。
が着る白い衣服。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうえ【浄衣】
8世紀段階での浄衣は,写経所における経師,校生,装潢(そうこう)等の写経に従事する職員,また仏工・木工等の造仏技術者,その補助的作業を行う自進,仕丁,駈使丁や廝女(かしわでめ),そして奴にいたるまでの階層に支給された衣服をいう。おそらく写経や造仏が宗教的作業と考えられたため,これに関連する仕事を行う者の衣服が,浄衣と称されたものらしい。おおむね盤領(あげくび)の衣((ほう))と(はかま),女性の場合は(も)の組合せであるが,(あお),汗衫(かざみ),,冠,襪や被,前裳,早袖等を含める場合がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょうい【浄衣】
じょうえ浄衣

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょうえ【浄衣】
神事・法会など、宗教的な行事にかかわる人の着ける清浄な衣服。普通、白色・無文で狩衣形。
僧衣。 頭からげ-着て/平家 4

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

浄衣
じょうえ
(1)清浄な衣服の意で、祭祀(さいし)、法会(ほうえ)などのときに用いられる衣服。
(2)神事のときに着用する上着。白い絹か麻布で製した狩衣(かりぎぬ)形の衣服。この浄衣には括(くく)り袴(ばかま)が用いられ、狩袴と同じ六幅(むの)仕立てか四幅(よの)仕立ての袴が使われた。[高田倭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょう‐い ジャウ‥【浄衣】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう‐え ジャウ‥【浄衣】
〘名〙 (「え」は「衣」の呉音)
① 清浄な衣服の総称。神事、祭祀、法会などの参加者や、その際に用いる器物の製作者が着用する衣服を形状に関係なく総称していう。
※正倉院文書‐天平二〇年(748)五月二六日・東大寺写経所解案「東大寺写経所解、申請浄衣料絁綿等事」
※日本往生極楽記(983‐987頃)弘也「上人遷化之日。着浄衣香炉。向西方以端座」
② 素地(きじ)のままで色に染めない白い衣服。
※前田本枕(10C終)三〇〇「ただいみじくやつれて浄衣といふ名つけてきよきばかりをこそかごとにてあるものと知りたるに」
③ 白布または白絹の狩衣。神事や祭事に着用するもの。明衣(めいい)
※大鏡(12C前)六「八幡の放生会には、御馬たてまつらせ給しを、御つかひなどにも浄衣をたまはせ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浄衣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浄衣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.