Rakuten infoseek

辞書

浄土真宗【じょうどしんしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浄土真宗
じょうどしんしゅう
親鸞の開いた,阿弥陀仏の浄土に生れて悟りを開くことを目的とする仏教の一派真宗とも称し,俗に一向宗門徒宗などとも呼ばれる。浄土宗と同じく,『無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経』の浄土三部経を根本経典とし,そのうち『無量寿経』をおもなものとする。親鸞の主著『教行信証』が後世,立教開宗の根本聖典とされた。親鸞は法然の弟子で,悪人正機などの説とともに,徹底した他力による往生を主張し,信心を特に強調した。親鸞の没後,墓所が東山大谷に移され (1272) ,これが本願寺のもととなった。また特に第8世蓮如が福井県をはじめ北陸地方に布教し,きわめて盛んとなったが,徳川家康の保護を受けた教如が京都東六条に別の本願寺を建てるに及んで東西の本願寺が分立した。このほかに,高田派,仏光寺派などの諸派がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょうど‐しんしゅう〔ジヤウド‐〕【浄土真宗】
浄土宗開祖である法然(ほうねん)の弟子の親鸞(しんらん)を開祖とする浄土教の一派。浄土三部経を所依の経典とするが、特に無量寿経により阿弥陀仏の本願の信心を重視し、称名念仏は仏恩報謝の行であるとするのを宗旨とする。真宗。門徒宗。一向宗。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典

浄土真宗
本尊阿弥陀如来宗祖/親鸞(しんらん)■本山/本願寺(京都)浄土真宗は、「往生即成仏」という教えで、そのため儀式としての授戒引導はありません。葬儀は往生の本懐をとげた故人の徳を偲ぶために行われます。

出典:葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版

じょうどしんしゅう【浄土真宗】
親鸞を宗祖とする仏教の一派。略して真宗ともいう。〈浄土三部経〉(《無量寿経》《観無量寿経》《阿弥陀経》)を正依の聖典とする。真宗の名は中国でもみられ,唐の宗密の《盂蘭盆経疏》には〈真宗未だ至らざるに〉とあり,法照の《浄土五会法事讃》には〈念仏成仏是真宗〉とある。しかしこれらは,真実の教という謂で,宗名ではなかった。 日本では,はじめ浄土宗を浄土真宗ともいった。浄土宗の聖冏(しようげい)の《浄土真宗付法伝》には,浄土真宗の八祖相承(経巻相承),六祖相承(知識相承)があげられ,妙瑞の《鎮西名目問答奮迅鈔》には,浄土宗を浄土真宗というといわれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょうどしんしゅう【浄土真宗】
鎌倉初期、法然の弟子の親鸞が創始した浄土教の一派。阿弥陀仏の力で救われる絶対他力を主張し、信心だけで往生できるとする。本願寺派・大谷派・高田派・仏光寺派・木辺派・興正派・出雲路派・山元派・誠照寺派・三門徒派の一〇派に分かれる。真宗。一向宗。門徒宗。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

浄土真宗
じょうどしんしゅう
浄土の一宗を創唱した法然(ほうねん)(源空)の門弟親鸞(しんらん)(1173―1262)によって開かれた仏教の一派。真宗とも略称する。古くは俗に一向宗(いっこうしゅう)、門徒宗ともいわれた。浄土宗鎮西派(ちんぜいは)や浄土宗西山派(せいざんは)、時宗(じしゅう)などとともに日本浄土教の主流を形成し、日本の総人口の約20%を占めている。[石田充之]

歴史

最初叡山(えいざん)に学び、1201年(建仁1)法然の専修念仏(せんじゅねんぶつ)に帰した親鸞は、1207年(承元1)法然が四国方面へ流罪となったとき還俗(げんぞく)させられて越後(えちご)国府に流罪となる。4年ばかりの配所の生活を送るころに恵信尼(えしんに)と結婚、その後、越後・関東・京都にわたる非僧非俗の在家者(ざいけしゃ)的な念仏教化生活を送るが、その態度は、彼の主張内容と相まって、僧俗一体平等の同朋(どうぼう)教団としての歩みを形成する。
 親鸞の晩年に異端を主張した長子善鸞(ぜんらん)の義絶事件などが関東方面で起こるが、性信(しょうしん)などの有力門弟の協力により収拾され、その末女(すえのこ)覚信尼(かくしんに)(1224―1283)は、親鸞没(1262)後その廟所(びょうしょ)を夫の小野宮禅念(おのみやぜんねん)や門弟顕智(けんち)らと協力して京都東山大谷(おおたに)につくり、廟所全体を親鸞門弟に寄進して、門弟の共同管理とし、留守役をいちおう親鸞の子孫が勤めていくこととする。その後、留守役は、覚信尼より長子覚恵(かくえ)(亡夫日野広綱の子、1239/1249―1307)が継ぐが、覚恵の異父弟唯善(ゆいぜん)(禅念の子、1266―1317)の大谷廟所押領専有事件などが起こる。しかし関東の門弟などの努力により落着し、廟所は親鸞門弟が共同で管理していく体制が確立された。
 覚恵の長子覚如(かくにょ)(1270―1351)は、親鸞門流の同意をかろうじて得て留守役(留守職(るすしき))につき本願寺の寺号を掲げるが、彼は真宗教団の形態的なまた信仰的な体制の確立に異常な努力を払い、大谷廟本願寺親鸞聖人(しょうにん)を受け継ぐ法統・血統の正統者・主権者であるといった傾向を強く示した。そのため、門弟一同に信望の厚い長子存覚(ぞんかく)(1290―1373)をも一生涯義絶状態に置き、関東の真仏(しんぶつ)(1209―1258)・顕智(1226―1310)の高田門徒専修寺派(せんじゅじは)、その系統の三河(みかわ)(愛知県)の和田門徒(わだもんと)、京都東山の了源(りょうげん)(1295―1352)の仏光寺派(ぶっこうじは)、越前(えちぜん)(福井県)の如道(にょどう)(?―1352ころ)らの三門徒派(さんもんとは)系、江州(ごうしゅう)(滋賀県)の木部(木辺)(きべ)慈空(じくう)(?―1351)の錦織寺派(きんしょくじは)などが、いずれも本願寺離反の傾向を示す。
 大谷廟本願寺の留守職は、のち善如(ぜんにょ)―綽如(しゃくにょ)―巧如(ぎょうにょ)―存如(ぞんにょ)と継がれるが、その勢力は仏光寺派の繁栄に比しわずかに北陸方面に教線を伸ばすのみで衰退に赴く。しかし本願寺第8代蓮如(れんにょ)(1415―1499)の平易な『御文(おふみ)』(『御文章(ごぶんしょう)』)による同朋精神高揚の念仏伝道は親鸞門流全体を再結集し、本願寺教団の隆盛をみる。蓮如以後、実如―証如(しょうにょ)―顕如(けんにょ)(1543―1592)と継がれるが、北陸門徒による一向一揆(いっこういっき)の勃興(ぼっこう)、大坂石山本願寺(いしやまほんがんじ)の織田信長との戦いなど安泰ではなかった。石山合戦での和睦(わぼく)問題を契機として顕如の三男准如(じゅんにょ)(1577―1650)が豊臣秀吉(とよとみひでよし)の裁可により本願寺を継ぎ、次男顕尊(けんそん)(1564―1594)は蓮如に帰依(きえ)し仏光寺派より分かれた経豪(きょうごう)(1451―1492)がおこした興正寺(こうしょうじ)を継ぎ、信長との和睦にただちに応ぜず部屋住みとなっていた長子教如(きょうにょ)(1558―1614)は家康より寺地の寄進を得て東本願寺を建てた。以後本願寺は2派に分かれ、准如の系統を本願寺派(西本願寺)、教如の系統を大谷派(東本願寺)と称する。
 その後、江戸時代のキリスト教などに対応する鎖国政策は、本末制(ほんまつせい)、檀家制度(だんかせいど)などを真宗教団にも確立し寺院の増加をみるが、わずかにその教学、布教などを振興するのみで、宗教的にはきわめて無力化される。明治時代の初め、島地黙雷(しまじもくらい)、赤松連城(あかまつれんじょう)らが西欧の視察留学より帰るや、真宗教団の独自性の確立、信仰の自由を図り、学制の改革などによる教団の近代化を企て現在に至る。(1)本願寺派、(2)大谷派、(3)高田派、(4)仏光寺派、(5)興正派、(6)木辺派(きべは)、(7)三門徒派、(8)誠照寺派(じょうしょうじは)、(9)山元派(やまもとは)、(10)出雲路派(いずもじは)の10派よりなる。
 なお、「浄土真宗」の語は親鸞の主著『教行信証(きょうぎょうしんしょう)』にみえるところから、東・西本願寺は1774年(安永3)これを宗名とすることを幕府に願いいでたが、浄土宗増上寺がこれに反対し、いわゆる宗名問題として長く争われた。1872年(明治5)政府より「真宗」と称すべき旨の通達が出されて決着、「真宗大谷派」「真宗本願寺派」と称した。現在、真宗10派のうち本願寺派のみは「浄土真宗」を、他の9派は「真宗」を称している。[石田充之]

教義

親鸞の『教行信証』などの主張をその根幹とする。したがって、大乗仏教経典なる『無量寿経(むりょうじゅきょう)』『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』『阿弥陀経(あみだきょう)』を正依(しょうえ)の経とし、龍樹(りゅうじゅ)、天親(てんじん)(世親(せしん))、曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)、源信(げんしん)、法然の七祖の聖典、覚如・存覚の諸著、蓮如の『御文(おふみ)』などが重視される。南無阿弥陀仏と称(とな)える称名念仏の実践において、人間の自我欲中心的な生き方を、無我・縁起因縁生(えんぎいんねんしょう)の真理の現れとしての阿弥陀仏の浄土の悟りの躍動力なる本願力他力(ほんがんりきたりき)(第十八願力)の光・呼声(よびごえ)のなかに、心底深く内省せしめられ、つねに清浄土(しょうじょうど)の実現を願いつつ無我・平等・大慈悲心のあふれる現実生活を開拓することを力説する教えである。[石田充之]
『龍谷大学編・刊『真宗要義』全3巻(1927~1939) ▽龍谷大学編・刊『真宗要論』全1巻(1953) ▽本願寺史料研究所編・刊『本願寺史』3巻(1961~1969) ▽普賢大円著『真宗教義の発達』(1963・永田文昌堂) ▽宮崎円導還暦記念会編『真宗史の研究』(1966・永田文昌堂) ▽細川行信著『真宗成立史の研究』(1977・法蔵館) ▽千葉乗隆著『真宗教団の組織と制度』(1978・同朋舎出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょうど‐しんしゅう ジャウド‥【浄土真宗】
〘名〙 浄土宗の分派で、親鸞(しんらん)の創始。阿彌陀仏の本願他力の回向(えこう)によって往生すると説くもので、法然(ほうねん)が念仏を根本とするのに対して信心のみで往生できるとする。親鸞の没後、本願寺派・大谷派・高田派・仏光寺派・興正派・木辺派・三門徒派・山元派・誠照寺派・出雲路派の一〇派に分かれた。また、僧は妻帯を許された。真宗。一向宗。門徒宗。
※三帖和讚(1248‐60頃)高僧「本師源空あらわれて。浄土真宗をひらきつつ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浄土真宗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浄土真宗の関連情報

他サービスで検索

「浄土真宗」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.