Rakuten infoseek

辞書

浄土寺【じょうどじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浄土寺
じょうどじ
兵庫県小野市にある真言宗の寺。東大寺の伽藍を復興した重源 (ちょうげん) が各地に建てた別所の一つ。現在,浄土堂と薬師堂とが東西に相対して建っている。浄土堂は建久3 (1192) 年創建当時の建物で国宝に指定され,大仏様のうちで最も宋風が濃く,空間構成も充実した傑作である。快慶作と伝えられる『阿弥陀三尊像』 (国宝) を安置する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浄土寺
じょうどじ
広島県尾道市にある広島真言宗教団大本山聖徳太子の創立と伝えられる。僧定証が荒れはてていた古寺を再興し,嘉元4 (1306) 年に供養したが,正中2 (25) 年に焼け,その後まもなく再建された。本堂嘉暦2 (27) 年の再建,大仏様を多く用いた折衷様建築で国宝。多宝塔元徳1 (29) 年の再建,大規模で形がよく,細部もすぐれており国宝。このほか阿弥陀堂および中国地方には珍しい茶室 (露滴庵) がある。平安時代前期の『十一面観音像』,鎌倉時代の『聖徳太子像』などを蔵する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょうど‐じ〔ジヤウド‐〕【浄土寺】
広島県尾道市にある真言宗泉涌寺派の大本山。山号は転法輪山。聖徳太子の創建と伝える。徳治元年(1306)西大寺の定証が中興、江戸中期から真言宗となる。本堂・多宝塔は国宝。
兵庫県小野市にある高野山真言宗の寺。山号は極楽山。聖武天皇勅願により行基が開創。広渡寺と称したが荒廃し、鎌倉初期に東大寺の播磨(はりま)別所として重源(ちょうげん)が再興、現寺号に改めた。阿弥陀三尊像・浄土堂は国宝。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

浄土寺
広島県尾道市にある寺院。真言宗泉涌寺派の大本山。山号は転法輪山(てんぽうりんざん)、院号大乗院。聖徳太子の創建と伝わる。足利尊氏の戦勝祈願の地として知られる。本尊の十一面観世音菩薩像(重文)をはじめ、文化財を多数保有。庭園は国の名勝、鎌倉時代に建てられた本堂・多宝塔は国宝。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浄土寺
愛媛県松山市にある真言宗豊山派の寺院。山号は西林山、院号は三蔵院。本尊は釈迦如来。天平勝宝年間(749~757)の創建と伝わる。四国八十八ヶ所霊場第49番札所。本堂は国の重要文化財に指定。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうどじ【浄土寺】
兵庫県小野市にある真言宗の寺。山号は極楽山。もと東大寺領播磨国加東郡大部荘(おおべのしよう)内の鹿野原に,俊乗房重源(ちようげん)が播磨別所として開いた念仏別所。1190年(建久1)東大寺再興料所として大部荘を拝領した重源は,これを宋人鋳物師陳和卿に預け,甥の観阿,弟子の如阿を当地に派遣して播磨別所の建設に当たらせた。浄土堂は94年上棟,97年8月23日落慶で導師に解脱上人貞慶が招かれた。天竺様(大仏様)の代表的遺構である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

じょうどじ【浄土寺】
広島県尾道市にある真言宗の寺。山号は転法輪山。寺伝に聖徳太子の創建とある。鎌倉時代末に奈良西大寺叡尊の弟子,定証が中興したが,1325年(正中2)に全焼し,翌年から尾道の豪商道蓮・道性夫妻の発願で再建に着手,14世紀前半に現在の堂舎を含む七堂伽藍が整備された。これ以後は瀬戸の海運をになう尾道商人の太子信仰とその財力を背景に寺運をのばした。36年(延元1∥建武3)東上の途中の足利尊氏が戦勝を祈って一族とともに本尊十一面観音(重要文化財)にささげた法楽和歌33首(重要文化財)は,奥に尊氏の手印があり,〈手印縁起〉とも呼ばれて有名である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょうどじ【浄土寺】
兵庫県小野市浄谷町にある真言宗の寺。山号は極楽山。聖武天皇の勅願で行基が開創した広度寺を、鎌倉初期に重源が中興。大仏様式の特徴を伝える浄土堂と阿弥陀三尊像は国宝。
広島県尾道市尾崎町にある真言宗の寺。山号は転法輪山。聖徳太子の創建と伝える。鎌倉後期に定証が再興したが、1325年に全焼。現存の本堂と多宝塔は鎌倉末期の再建で国宝。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょうど‐じ ジャウド‥【浄土寺】
[一] 兵庫県小野市浄谷(じょうこく)町にある高野山真言宗の寺。山号は極楽山。聖武天皇の勅願により行基が開創したと伝えられる。はじめ広渡寺と称した。鎌倉初期、重源(ちょうげん)が東大寺の播磨別所として中興し、現名に改称。浄土堂(阿彌陀堂)・本尊の阿彌陀三尊立像はともに国宝。
[二] 広島県尾道市東久保町にある真言宗泉涌(せんにゅう)寺派の寺。山号は転法輪山。推古天皇のとき聖徳太子が創建したと伝えられる。嘉元四年(一三〇六)定証が中興。本堂、多宝塔はともに国宝。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浄土寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浄土寺の関連情報

他サービスで検索

「浄土寺」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.