Rakuten infoseek

辞書

流罪【ルザイ】

デジタル大辞泉

る‐ざい【流罪】
流刑」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

るざい【流罪】
古代以来明治末まで行われた死刑につぐ重刑。流刑(るけい)。日本の古語には刑を意味する語がなく,ともに罪と称し,唐律に流刑というのを日本律では流罪といった。
[古代]
古代律令継受以前の日本では,神の怒りにふれた者を島に捨て殺しにすることが行われていた。唐律を継受しても,日本律の流罪にはこの固有の思想が強く残った。流罪は律では五刑の一つで,近流(ごんる),中流(ちゆうる),遠流(おんる)の3等がある。本人の現住地から遠隔地への強制移住と配所での徒(徒罪(ずざい))1年の服役とを合わせた刑罰。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

るざい【流罪】
罪人を辺地や島に送る刑。死罪に次いで重い刑。流刑。 →

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

る‐ざい【流罪】
〘名〙 律による刑罰の一つ。罪人を辺境の地または島に流す刑。死罪に次ぐ重刑。律では遠流・中流・近流の三種があり、京都を中心に遠近が定められており、罪人を流刑地に一年間拘禁したのち、その地の戸籍に加え永住させた。流刑。〔律(718)〕
※宇津保(970‐999頃)あて宮「るざいのつみともならば、いかがせん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流罪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

流罪の関連情報

他サービスで検索

「流罪」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.