Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

活性【カッセイ】

デジタル大辞泉

かっ‐せい〔クワツ‐〕【活性】
機能が高く、反応が活発であること。物質原子分子が高エネルギー状態で、化学反応などが起こりやすいこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

活性
かっせい
activity

反応性と同義語。活性アルミナ、活性炭という場合、活性化して反応性を高めるアルミナ、あるいは吸着能の高い炭をいう。活性水素、活性酸素も同様な意味をもつ。しかし触媒の活性のことを単に活性ということが多い。触媒の活性は、反応を促進する働きをもつ触媒の促進作用の大きさをいう。これを比較するのには、触媒の量(重量または容積)を同じにしてするか、あるいは触媒の表面積を同じにとって比べる。

[戸田源治郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かっ‐せい クヮッ‥【活性】
〘名〙
① 物質がエネルギーや光などにより活発になり、反応速度が速くなる性質。→活性化
② 化学反応における触媒の反応促進能力をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

活性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

活性の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.