Rakuten infoseek

辞書

洪茶丘【こうちゃきゅう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

洪茶丘(こうちゃきゅう)
こうちゃきゅう
(1244―1291)
中国、元(げん)の部将。名は俊奇(しゅんき)。茶丘は小字(しょうじ)(幼時の字(あざな))。モンゴル(元)に降伏した高麗(こうらい)の武将洪福源(こうふくげん)の第2子。世祖フビライの寵(ちょう)を受け、1263年管領帰付高麗軍民総管(かんりょうきふこうらいぐんみんそうかん)となり、元の高麗経略に従事した。74年の日本遠征には東征右副都元帥(とうせいうふくとげんすい)として、忻都(きんと)らと水軍2万を率いて対馬(つしま)・壱岐(いき)などを攻撃した(文永(ぶんえい)の役)。80年征東行省右丞(せいとうこうしょううじょう)となり、翌年水軍4万を率いて高麗の合浦(がっぽ)からふたたび日本に向かい、江南軍10万とともに北九州地方を攻めたが、暴風にあって敗退した(弘安(こうあん)の役)。その後、元朝の内乱平定に功をあげたが病死した。[石井正敏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洪茶丘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

洪茶丘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.