Rakuten infoseek

辞書

【シン】

デジタル大辞泉

しん【津】[漢字項目]
常用漢字] [音]シン(呉)(漢) [訓]
〈シン〉
舟着き場。渡し場。「津渡/河津入津要津
体から出る液体。つば・汗など。「津液
次々とわき出てうるおす。「興味津津
〈つ〉「津波津津浦浦
[名のり]ず

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つ【津】
船が停泊する所。また、渡船場。ふなつき場。港。「三箇(さんが)の
「海上(うなかみ)のその―をさして君が漕(こ)ぎ行かば」〈・一七八〇〉
港をひかえて、人の多く集まる所。また一般に、人の多く集まる地域。
「十四日の夕暮、敦賀の―に宿をもとむ」〈奥の細道

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つ【津】[地名]
三重県中部、伊勢湾に面する市。県庁所在地。もと藤堂氏の城下町。県行政・文教中心地。古く、安濃津(あのつ)と称し、三津(さんしん)の一。平成18年(2006)1月、久居(ひさい)市や周辺8町村と合併。人口28.6万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つ【津】
船舶の来着・出発する海岸・河岸の交通要地の総称。ただし,地名としては,多く,特定の機能上,地形上の特徴を有する(みなと)・(とまり)・渡しなどに該当しない場合に付される。川の場合は川津と称する。古代律令制社会では,民部省の管掌下,国郡司による国家的管理をうけた。中世では,その伝統をひく国津(国府の外港)が重要な位置を占め続けるとともに,《庭訓往来》に領地開発の際設置すべきものとして〈廻船着岸之津〉が上げられているように,さまざまな津が各地域の開発にともなって簇生した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しん【津】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つ【津】
海岸・河岸の船舶が来着する所。船つき場。渡し場。港。
特に、船つき場や渡し場に対して、物資が集散し、集落が形成された所。港町。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つ【津】
三重県中部の市。県庁所在地。伊勢湾に臨み、古く、安濃津あのつといい、三津さんしんの一。近世は藤堂氏の城下町。伊勢平野の商工業の中心。専修せんじゆ寺がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つ【津】
[1] 〘名〙
① 海岸・河口・川の渡し場などの、船舶の停泊するところ。船つき場。港。
※古事記(712)下「浪速の渡りを経て青雲の白肩(しらかた)の津(つ)に泊てたまひき」
※万葉(8C後)一九・四二四六「沖つ波辺波な越しそ君が船漕ぎ帰り来て津(つ)に泊つるまで」
② 泉など、水の湧き出るところ。
※万葉(8C後)九・一七五九「鷲の住む 筑波の山の 裳羽服津(もはきつ)の その津(つ)の上に 率(あども)ひて 未通女壮士(をとめをとこ)の 行き集ひ」
③ 港をひかえて人の集まる土地。港町。また、一般に人の多く集まる地域をいう。古代には薩摩坊津(ぼうのつ)・筑前博多津・伊勢安濃津を三箇(さんが)の津と呼び、また、江戸時代には、特に京都・大坂・江戸を三箇の津と称した。
※評判記・吉原用文章(1661‐73)五三「山しろの国、あわたくちとやらんの〈略〉津におかれし事」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)敦賀「十四日の夕ぐれつるがの津に宿をもとむ」
[2] 三重県中東部の地名。県庁所在地。伊勢湾に面し、伊勢平野の中央部を占める。中世までは日本三津の一つに数えられ、室町時代には対明貿易で栄えた。江戸時代は、藤堂氏三十二万石の城下町、伊勢別街道・伊賀街道との結節点にある伊勢(参宮)街道の宿場町として繁栄。真宗高田派の本山、専修(せんじゅ)寺などがある。明治二二年(一八八九)市制。旧名安濃津(阿野津)。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

津の関連情報

他サービスで検索

「津」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.