Rakuten infoseek

辞書

津軽桐下駄

デジタル大辞泉プラス

津軽桐下駄
青森県弘前市で生産される桐製の下駄。県の伝統工芸品に指定されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

津軽桐下駄[木工]
つがるきりげた
東北地方、青森県の地域ブランド。
弘前市で製作されている。江戸時代、下駄の使用が広く流行した頃からつくられてきた。桐を用いているため軽く、肌触りが優しく履き心地もよい。北国の厳しい風雪に耐えながら育つ津軽の桐は、下駄素材として適する。白木の下駄のほか雪の多い土地柄に合わせた雪下駄・津軽塗の下駄などがつくられている。青森県伝統工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津軽桐下駄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

津軽桐下駄の関連情報

他サービスで検索

「津軽桐下駄」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.