Rakuten infoseek

辞書

津軽塗【つがるぬり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

津軽塗
つがるぬり
青森県弘前市を主産地とする変り塗の塗物。俗に馬鹿塗ともいわれる。彩漆 (いろうるし) に卵白などを混ぜた絞漆 (しぼうるし) を下地面に点々と塗って粒状の斑文を作り,その上に各種の彩漆を塗り重ね,乾燥後,地元産の大清石砥石でとぎ出す。研磨面には彩漆の層が小さな同心円状に現れる。部分的に螺鈿 (らでん) や割貝などを施すことがある。江戸時代中期に津軽藩の漆工池田源太郎が江戸に派遣されて青海 (せいかい) 勘七に師事し,この技法を発明したと伝えられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つがる‐ぬり【津軽塗】
弘前市を中心に産する漆器中塗りの上に、漆に卵白やゼラチンなどをまぜ、へら刷毛(はけ)を用いて文様を表す絞漆(しぼうるし)法で凹凸を作ったあと、各種の色漆を塗り重ね、独特の砥石(といし)で雲形斑紋や模様を研ぎ出したもの。質は堅牢で耐久性がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つがるぬり【津軽塗】
青森県津軽地方でつくられる漆器。寛文年間(1661‐73)弘前藩主津軽信政が若狭の塗師(ぬし)を招請したところから始まったといい,藩の庇護の下におもに高級なあつらえ物を製作していたようである。明治維新によってその庇護を失った津軽塗工人は,1881年に漆器樹産会社などを設立して殖産振興を図った。素地はおもにヒバを用い,重箱,盆,卓など板物が多い。加飾技法のうち,もっとも特色があるものは唐塗(からぬり)である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つがるぬり【津軽塗】
弘前市付近で産する漆工品。鞘塗りの一種。漆で凸凹の地を作った上に数回各種の色漆を塗り重ね、平らに研ぎ出して色漆の層を斑の文様に表したもの。七子ななこ塗り・錦塗りなどの手法もある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

津軽塗
つがるぬり
青森県弘前(ひろさき)市を中心に生産される変塗りの漆器。江戸前期の寛文(かんぶん)年間(1661~73)に津軽藩が若狭(わかさ)国(福井県)の塗師(ぬし)池田源兵衛を召し抱えたことから始まり、その後を継いだ子の源太郎がさらにその基礎を固めた。非常に堅固な塗り物であるため、別名「馬鹿(ばか)塗」の名でも親しまれている。製品は座卓、重箱、盆、椀(わん)、箸(はし)、茶道具など生活用具が主体で、素地(きじ)には県特産のヒバ材が用いられる。素地に生漆(きうるし)を塗って下地とし、さらに地(じ)の粉(こ)・米糊(こめのり)・砥(と)の粉と生漆を混ぜたものを繰り返し塗り重ねる本堅地造(ほんかたじづくり)の製法が行われる。1975年(昭和50)伝統的工芸品産業振興法の認定を受けて以来、地方産業振興の一翼を担っているが、基本となる認定技法の上(うわ)塗りは、古技法とよばれる唐塗(からぬり)のほかに、七々子(ななこ)塗、紋紗(もんしゃ)塗、錦(にしき)塗の四技法が用いられており、いずれも凹凸をつけた下地に彩(いろ)漆を塗り重ね、地元産の大清石砥石で研ぎ出して文様を表すものである。[郷家忠臣]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

津軽塗[漆工]
つがるぬり
東北地方、青森県の地域ブランド。
現在の弘前市を中心に津軽地方で製作されてきた漆器。江戸時代初期、4代津軽藩主・津軽信政に召し抱えられた塗師・池田源兵衛が創始者と伝えられている。丈夫さと多彩な技法が特色。明治時代初頭、藩政期の伝統技術の蓄積を土台に産業として発展した。その後も時代のニーズにあわせながら創意工夫を凝らして技術を磨き、今日の津軽塗が築きあげられてきた。その堅牢さと優美さが高く評価される。青森県伝統工芸品。1975(昭和50)年5月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津軽塗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

津軽塗の関連情報

他サービスで検索

「津軽塗」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.