Rakuten infoseek

辞書

津軽凧

デジタル大辞泉プラス

津軽凧
青森県の郷土玩具江戸時代藩士内職として製造が始まったとされる伝統凧。凧の骨には薄く削ったヒバ材を用いる。ねぷた祭りの山車を思わせる武者絵が描かれることが多い。県の伝統工芸品に指定されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

津軽凧[人形・玩具]
つがるだこ
東北地方、青森県の地域ブランド。
弘前市で製作されている。竹ではなく津軽特産のヒバで骨組みをつくった凧。ぶんぶんと唸りをあげる柾板を取り付けるため「ぶんぶ」とも呼ばれる。凧絵には、三国志水滸伝などを題材とした武者絵が多い。太く力強い墨線と赤を基調とした鮮やかな色彩は、ねぷた絵にも似ている。青森県伝統工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津軽凧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

津軽凧の関連情報

他サービスで検索

「津軽凧」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.