Rakuten infoseek

辞書

津軽の太鼓【つがるのたいこ】

事典 日本の地域ブランド・名産品

津軽の太鼓[祭礼・和楽器]
つがるのたいこ
東北地方、青森県の地域ブランド。
弘前市で製作されている。津軽の夏を彩る祭りであるねぷたには欠かせない太鼓。弘前の手工業製品である桶を用いる。一本の木をくりぬいた胴に、厚さ2mmに削った馬や牛のを張って仕上げる。皮の部分はすべて手作業でおこなわれるが、特に自然条件を考慮しながらの仕上げの工程が重要。津軽の太鼓は、細長い撥で叩くところが他の和太鼓と異なる。青森県伝統工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津軽の太鼓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

津軽の太鼓の関連情報

関連キーワード

土性ストリップミル土性ミニアチュア管イソモク凝灰岩凝灰角礫岩パスタ皮膚のしくみとはたらき

他サービスで検索

「津軽の太鼓」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.