Rakuten infoseek

辞書

津田梅子【つだうめこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

津田梅子
つだうめこ
[生]元治1(1864).12.3. 江戸
[没]1929.8.16. 神奈川,鎌倉
津田塾大学創立者女子教育,特に女子の英語教育の指導者。津田うめともいう。佐倉藩士津田仙二女。8歳で女子留学生として渡米。 1882年帰国,のち華族女学校教授となったが,1889年再度渡米し,生物学教育学などを学び,1892年帰国。引き続き華族女学校教授を務め,1898年から女子高等師範学校教授を兼任。 1900年職を辞し,みずから英語を通じて女子の国際的知見を広め,英語教員を養成することを目的として東京麹町に女子英学塾を創設した。かたわら,1901年英文新誌社を設立,英語教科書,英文学書の出版を行なった。この英学塾は中流以上の女子の近代的教養の啓発と英語教育に貢献し,津田英学塾へと発展,1948年津田塾大学となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つだ‐うめこ【津田梅子】
[1864~1929]教育家。江戸の生まれ。日本最初の女子留学生として、満7歳で岩倉具視遣外使節に同行して渡米。帰国後、華族女学校・女子高等師範学校教授。明治33年(1900)女子英学塾(のちの津田塾大学)を創設し、女子高等教育に尽力。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

津田梅子 つだ-うめこ
1864-1929 明治-大正時代の教育者。
元治(げんじ)元年12月3日生まれ。津田仙の次女。明治4年8歳で開拓使派遣女子留学生のひとりとして渡米。6年受洗。15年帰国。華族女学校教授となり,のち女子高等師範教授も兼任。33年女子英学塾(現津田塾大)をひらき女子英語教育に貢献した。38年日本YWCA初代会長。昭和4年8月16日死去。66歳。江戸出身。初名はむめ。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

津田梅子
1864〜1929(元治元年〜昭和4年)【教育家】明治政府が派遣した最初の女子留学生。 教育で女性の地位向上を目指した。明治・大正期の教育家。江戸牛込生れ。1871年(明治4)8歳にして岩倉使節団に同行して渡米。82年帰国。日本語を忘れ、日本の生活・文化への適応に苦労した。85年から華族女学校で教鞭をとるが、男尊女卑の日本に新しい女子教育の必要性を感じて89年再渡米。ブリンマー大学の選科生となる。1892年帰国すると、自ら寄付金を集めて1900年女子英学塾(現、津田塾大学)を東京麹町に設立した。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つだうめこ【津田梅子】
1864‐1929(元治1‐昭和4)
津田塾大学の前身,女子英学塾の創設者で,明治初期の西洋農学者津田仙の次女。江戸牛込に生まれ,1871年(明治4)8歳のとき,開拓使海外留学生として4人の少女とともにアメリカに留学,ワシントン郊外のアメリカ人家庭に居住し初等・中等の学校教育をおえた。この間キリスト教に入信,82年に帰国し,華族女学校発足と同時に教授補として英語を教えた。89年ふたたび渡米し,ブリンマー・カレッジで生物学,オスウィーゴ師範学校で教授法を学び92年に帰朝

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つだうめこ【津田梅子】
1864~1929) 女子教育家。江戸生まれ。津田仙の二女。岩倉具視遣外使節に八歳で同行し渡米留学。1900年(明治33)女子英学塾(のちの津田塾大学)を設立、女子高等教育に尽くした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

津田梅子
教育者。1864(元治元)年、江戸の西洋農学者である幕臣・津田仙の二女として生まれる。71年、岩倉具視遣外使節に同行し、初の女性留学生として渡米した。82年に帰国後、華族女学校教授となった。再び渡米した後、女子高等師範学校(現、お茶の水女子大学)教授などを歴任した。1900年、女子英学塾(現、津田塾大学)を設立し、英語教育とキリスト教による人格教育を中心とした女子高等教育につくした。29年、64歳で死去。2019年に日本の紙幣が刷新された際、五千円札の肖像に採用された。

(2019-4-11)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

津田梅子
つだうめこ
(1864―1929)
女子教育者、津田塾大学の創立者。元治(げんじ)元年12月3日幕臣・西洋農学者津田仙の次女として生まれる。名はむめ、1900年(明治33)梅子と改名。1871年(明治4)7歳のとき岩倉大使の一行に加わり初の女子留学生としてアメリカに留学し、18歳で帰国。華族女学校教授となり、のちに女子高等師範学校(現、お茶の水女子大学)教授を兼ねる。1900年辞職して、英語教育とキリスト教による人格教育を中心とした高等普通教育を目的に女子英学塾(津田英学塾、津田塾大学)を創立、没年まで塾長として多くの人材と優れた女子教員を育成。万国婦人連合大会(1898年、アメリカ・コロラド州デンバー)に日本婦人代表として出席している。昭和4年8月16日没。[小股憲明]
『吉川利一著『津田梅子』(1930・婦女新聞社/中公文庫) ▽山崎孝子著『津田梅子』(1962・吉川弘文館) ▽大庭みな子著『津田梅子』(朝日文芸文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つだ‐うめこ【津田梅子】
教育家。幕臣・西洋農学者津田仙の次女。明治四年(一八七一)、最初の官費女子留学生として渡米。帰国後、華族女学校教授、再渡米後、女子高等師範学校教授などを歴任。同三三年、女子英学塾を創設、津田塾大学の基礎を築いた。元治元~昭和四年(一八六四‐一九二九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津田梅子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

津田梅子の関連情報

関連キーワード

元治エンゲルスワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)太平天国ペドロ[2世]明治維新ロダンエリオットノーマン長坂クララ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.