Rakuten infoseek

辞書

洛中【らくちゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

洛中
らくちゅう
京都市の古くからの市街地をさす通称。洛とは都の別称で,中国の洛陽になぞらえた呼称。洛中は洛外に対する概念で,洛中洛外という表現がある。現在の洛中の範囲は必ずしも明確ではない。明治維新以前から市街地であった古い部分を漠然とさすこともあるが,通常,東大路西大路北大路,九条通の内側 (あるいは東は鴨川まで) をさしている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

らく‐ちゅう【×洛中】
都の中。京都の市中洛内。⇔洛外

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

らくちゅう【洛中】
みやこの中。京都の市中。洛内。 ⇔ 洛外

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らく‐ちゅう【洛中】
〘名〙 みやこの中。京都の市街地の中をさす。京都を中国の洛陽になぞらえての呼称。厳密には平安京左京の中をいうが、市街地が拡大または縮小するため、また、人それぞれの認識の差もあって、その範囲は一定しない。近世にはおおよそ、東は鴨川、西・南は御土居、北は鞍馬口通を限って、その中を洛中とした。洛内。
※小右記‐治安三年(1023)一二月二三日「州民之愁多結凶党之類犯歟、抑洛中不坂東

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洛中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

洛中の関連情報

他サービスで検索

「洛中」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.