Rakuten infoseek

辞書

洋洋【ヨウヨウ】

デジタル大辞泉

よう‐よう〔ヤウヤウ〕【洋洋】
[ト・タル][文][形動タリ]
水があふれるばかりに満ちているさま。水が広々と広がっているさま。「洋洋たる大海」
希望に満ちているさま。「洋洋として未来は広がる」「前途洋洋たる青年」
盛んであるさま。
「只帝徳を頌し奉る声、―として耳に盈(みて)り」〈太平記・一一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ようよう【洋洋】
トタル [文] 形動タリ 
水が満ちあふれるさま。水の限りなく広がるさま。漾漾。 -と流れる大河
希望に満ちているさま。 前途- -たる未来
物事の盛んなさま。 瑞気-として満地に瀰わたり/緑簑談 南翠

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐よう ヤウヤウ【洋洋】
〘形動タリ〙
① 水が満ちあふれるさま。また、広々としたさま。ゆったりしたさま。限りないさま。漾漾(ようよう)。洋洋乎。
※経国集(827)一・春江賦〈嵯峨天皇〉「望春江兮騁目、観清流之洋洋」
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉一三「諸(これ)を水中に納(いる)れば、圉々洋々(ヨウヨウ)(〈注〉ユラリ)として活溌たる魚と成り」 〔詩経‐衛風・碩人〕
② 物事の盛んなさま。
※性霊集‐五(835頃)請越州節度使内外文書啓「氷霜留犢、五袴洋々」
※読本・英草紙(1749)二「琴声美なる哉、洋々(ヤウヤウ)(〈注〉サカンナリ)たり」 〔詩経‐魯頌・閟宮〕
③ 希望に満ちているさま。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉後「洋々たる前途の希望を暫し一外国船に載せて走りつつあるのだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洋洋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

洋洋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.