Rakuten infoseek

辞書

泰西国法論【たいせいこくほうろん】

世界大百科事典 第2版

たいせいこくほうろん【泰西国法論】
西洋の刑事法をも含む広義の公法学の概論書。津田真道訳。1868年(明治1)刊。4巻。津田西周とともに幕府留学生としてオランダに渡り,1863年から65年までライデン大学教授S.フィセリングから個人教授を受けた。本書はその講義のうち〈国法学〉の分を幕命により訳出し,幕府の開成所が刊行したものである。政治行政制度全般にわたるにしてを得た概論で,訳も的確である。明治新政権成立後も版を重ね広く読まれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

泰西国法論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

泰西国法論の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.