Rakuten infoseek

辞書

注/註【チュウ】

デジタル大辞泉

ちゅう【注/×註】
本文の意味を詳しく説明したり補足したりするために、本文の間に書き込んだり、別の箇所に記したりする文句。その位置によって頭注・割り注・脚注などという。「―を付す」「―を加える」「訳者―」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅう【注】[漢字項目]
[音]チュウ(慣) [訓]そそぐ つぐ
学習漢字]3年
液体をそそぎ入れる。「注射注入注油灌注(かんちゅう)
ひとつ所に集中させる。「注意注視注目傾注
本文のわかりにくい箇所に説明の言葉を入れる。「注解注記注釈脚注校注頭注評注補注傍注訳注
しるす。要件を書きつける。「注進注文受注発注
[補説]34は「」と通用。
[難読]注連(しめ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅう【注】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

図書館情報学用語辞典

主として著作中の一部分段落,文,句,用語)に対して別途付けられた説明.表示方法にはページの下部に付される脚注,行と行との間に記載される行間注記などがある.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そそぎ【注】
〘名〙 (古くは「そそき」。動詞「そそぐ(注)」の連用形の名詞化) 水などが飛び散ってかかること。
※古今六帖(976‐987頃)三「くだら川かはせをはやみあかこまのあしのそそきにぬれにける哉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

注/註」の用語解説はコトバンクが提供しています。

注/註の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.