Rakuten infoseek

辞書

注連縄・標縄・七五三縄【しめなわ】

大辞林 第三版

しめなわ【注連縄・標縄・七五三縄】
境界を示し出入りを禁止することを示すために張りまわす縄。特に、神事において神聖な場所を画するために用いたり、また新年に門口に魔除けのために張ったりする。わら縄を左縒りにない、わらの尻を三・五・七筋と順にはみ出させて垂らし、間に紙の四手しでを下げる。しめ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しめ‐なわ ‥なは【注連縄・標縄・七五三縄】
〘名〙
① 地域を区切るための目じるし、または出入禁止のしるしとして張りめぐらす縄。特に、神前や神事の場にめぐらして、神聖な場所と不浄な外界とを区別するのに用いる。また、新年に門口に張ってわざわいの神が内に入らないようにとの意を示すもの。わらを左縒りにし、わらの茎を三筋、五筋、七筋と順次に縒り放して垂らし、その間々に紙四手(かみしで)をはさんで下げる。しりくめなわ。四目引(しめひき)。しめ。《季・新年》
※万葉(8C後)一〇・二三〇九「祝部(はふり)らが斎(いは)ふ社のもみち葉も標縄(しめなは)越えて散るといふものを」
② 災いを避ける準備のたとえ。
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)四「女房去りしは祟の注連(シメナハ)、連係(まきぞひ)せられぬ身の用心」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

注連縄・標縄・七五三縄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

注連縄・標縄・七五三縄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.