Rakuten infoseek

辞書

注記/註記【チュウキ】

デジタル大辞泉

ちゅう‐き【注記/×註記】
[名](スル)
本文の意味を理解させるために注を書き加えること。また、その注。「欄外に―する」
物事を記録すること。また、その記録。
ちゅうぎ(注記)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅう‐ぎ【注記/×記】
寺院で論議の際、題を読み上げ、また論議を記録する役僧

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうき【注記】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

図書館情報学用語辞典

注記
“タイトルからシリーズに関する事項までの,定型的な書誌的事項で構成された書誌記述を敷衍・詳述したり,限定する必要のあるとき,記述の最後に記録する書誌的事項”(『日本目録規則1987年版改訂3版』用語解説.ただし,現行の書誌記述では,標準番号と入手条件を記録するエリアが最後となる).その機能としては,資料の識別,書誌的記録の理解を容易にする,資料の特徴を示す,書誌的来歴を示すなど多様なものがあり,一般には,目録担当者が各書誌的事項の記述に説明を加える必要があると認めた場合に記録される.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

注記/註記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

注記/註記の関連情報

他サービスで検索

「注記/註記」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.