Rakuten infoseek

辞書

【キュウ】

デジタル大辞泉

きゅう【泣】[漢字項目]
[音]キュウ(キフ)(呉)(漢) [訓]なく
学習漢字]4年
涙を流す。なく。「泣訴感泣号泣涕泣(ていきゅう)悲泣
なみだ。「垂泣

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅう キフ【泣】
〘名〙 泣くこと。
思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉八「児女の泣(キフ)を学ぶ時であらふか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なか‐・す【泣】
[1] 〘他サ下二〙 ⇒なかせる(泣)
[2] 〘他サ五(四)〙 =なかせる(泣)
浮世草子世間娘容気(1717)三「此方母じゃ人の死にぎわには、あっぱれ見事に啼(ナカ)して見せふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なか‐せ【泣】
〘語素〙 人を表わす名詞に付いて、その人をさんざん困らせることを表わす。「医者なかせ」「親なかせ」など。
洒落本・無頼通説法(1779)「芸者なかせに芸をしったは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なか‐・せる【泣】
〘他サ下一〙 なか・す 〘他サ下二〙 (動詞「なく(泣)」に使役の助動詞「せる」の付いたもの)
① 人が泣くようなひどい仕打ちをする。
※真理の春(1930)〈細田民樹〉共同戦線「七千人の従業員と同数の株主を泣(ナ)かせ」
② 泣きたくなるほど感動させる。感きわまらせる。
風姿花伝(1400‐02頃)二「人をなかする所あらば、無上の上手と知るべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

な・ける【泣】
〘自カ下一〙 (動詞「なく(泣)」の可能動詞形) 自然に涙が出てくるほど感動する。感きわまって、ひとりでに泣き出す。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「お玉は只泣けて来た」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

泣の関連情報

他サービスで検索

「泣」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.