Rakuten infoseek

辞書

泣いて馬謖を斬る【ナイテバショクヲキル】

デジタル大辞泉

泣(な)いて馬謖(ばしょく)を斬(き)る
《中国の三国時代蜀(しょく)諸葛孔明(しょかつこうめい)は日ごろ重用していた臣下馬謖が命に従わずに大敗したために、泣いて斬罪に処したという「蜀志」馬謖伝の故事から》規律を保つためには、たとえ愛する者であっても、違反者は厳しく処分することのたとえ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

泣いて馬謖を斬る
魏との戦いで抜擢された馬謖は孔明の命令に背いて大敗を喫した。惜しい才器ではあったが、軍規を厳しく守るため、将兵に起用の誤りであったことを謝し、孔明は「涙を揮(ふる)って馬謖を斬る」こととなった。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

大辞林 第三版

ないてばしょくをきる【泣いて馬謖を斬る】
〔三国志 蜀書、諸葛亮伝・馬謖伝
情として処分するに惜しい人物であっても、違反があったときには全体の統制を保つために処分する。 → 馬謖

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

泣いて馬謖を斬る
ないてばしょくをきる
私情を捨てて法を守り、綱紀を粛正するために親しく愛する者を処断すること。中国、蜀(しょく)の知将諸葛孔明(しょかつこうめい)は、劉備(りゅうび)の没後その遺詔を奉じて宿敵の魏(ぎ)を討ったが、街亭の戦いで指揮に反して大敗した部将の馬謖を、その輝かしい過去の戦功と親交にもかかわらず、泣き泣き斬罪(ざんざい)に処して、一軍へのみせしめとした、と伝える『蜀誌』「馬謖伝」などの故事による。[田所義行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

泣いて馬謖を斬る」の用語解説はコトバンクが提供しています。

泣いて馬謖を斬るの関連情報

他サービスで検索

「泣いて馬謖を斬る」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.