Rakuten infoseek

辞書

波動説【ハドウセツ】

デジタル大辞泉

はどう‐せつ【波動説】
光は波動であるという説。17世紀にホイヘンスが提起し、マクスウェル電磁波説に道を開いた。
粒子の運動は波動であるという説。1924年ド=ブロイが提唱し、シュレーディンガー波動力学に発展。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

波動説【oscilation theory】
造山運動とグライディングテクトニクスを総合した地殻変動理論.ハールマンによって提案された.大規模地向斜に堆積した地層が隆起するとき,周辺に向かって地層のグライディングが起こる.これが褶曲運動に他ならないというもの.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はどうせつ【波動説】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はどうせつ【波動説】
光の波動説。一七世紀にホイヘンスが提唱し、一九世紀にヤングとフレネルらが干渉・回折実験に成功して光の波動説を確立した。一九世紀後半にはマクスウェルがその電磁理論から光は電磁波であることを導いた。
粒子の波動性を強調する説。1924年にド=ブロイが電子の波動説を提唱。これはのちに回折実験で確かめられ、量子力学成立の先駆となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

波動説
はどうせつ
低気圧の発生を、大気中の前線上の波動の発生に起因するものとなす学説をいう。波動論ともいい、正確には低気圧波動論または寒帯前線論という。温帯低気圧の発生や発達は、寒帯気団と熱帯気団の境界面(寒帯前線)に生ずる不安定波によって説明され、天気図上でもそのふるまいが定性的に検証されて総観気象学を発展させた。この学説は、1919年ノルウェーのベルゲン学派の提唱に基づくものである。[股野宏志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はどう‐せつ【波動説】
〘名〙
の本質は波動であるという説。一七世紀にオランダ人ホイヘンスが提唱。その媒質として仮想の物質エーテルが考えられた。現在は空間自身を媒質とする電磁波であるとされており、粒子性をも示す二重性は量子力学で説明される。
※哲学階梯(1887)〈今井恒郎訳〉一「例へば地動説、重力論、光線波動説の如き其初め皆臆説にあらざるなし」
② 粒子の運動は波動であるという説。一九二四年ド=ブロイが提唱し、シュレーディンガーの波動力学に発展。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

波動説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

波動説の関連情報

他サービスで検索

「波動説」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.