Rakuten infoseek

辞書

波動力学【はどうりきがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

波動力学
はどうりきがく
wave mechanics
量子力学の形式の1つ。 1926年 E.シュレーディンガーは,L. V.ド・ブロイ物質波の考えを発展させて,物質波の従うべき波動方程式を提示し,この方程式水素原子に適用してボーア理論を解明した。この力学の基礎をなすのはシュレーディンガーの波動方程式で,その解である波動関数確率波を表わすことがのちに明らかとなった。波動力学は 25年に W.ハイゼンベルクによって展開された行列力学と同等であることが証明されて,正しい量子理論を与える力学として量子力学と総称されるようになった。波動力学は行列力学よりも取扱いが容易であるから応用に便利である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はどう‐りきがく【波動力学】
量子力学の一形式。ド=ブロイ物質波の理論を発展させたシュレーディンガー方程式を基礎とする。ハイゼンベルク行列力学と同等であることが証明され、量子力学として統一された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はどうりきがく【波動力学 wave mechanics】
電子はニュートン力学で記述されるような質点ではなく,光と同様に波動である。1924年ド・ブロイは電子の波動説を唱え,電子の運動量pとそれに付随する波動の波長λとの間の関係λ=h/pを与えた(hプランク定数)。これは実験によって確かめられた。26年,E.シュレーディンガーは電子の波動の従うべき方程式(シュレーディンガー方程式)を導き,これによって電子のふるまい,とくに水素原子のエネルギー準位をみごとに説明した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はどうりきがく【波動力学】
ド=ブロイの物質の波動説を発展させて、シュレーディンガーが1926年に創始した量子力学の一形式。ハイゼンベルクらの行列力学と数学的に同等であることがのちに証明され、両者が統合されて量子力学が成立した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

波動力学
はどうりきがく
wave mechanics
原子・分子や原子核・素粒子の領域では、古典力学が成り立たず量子力学が支配している。波動力学はこの領域の運動状態の波動的側面に注目して構成した量子力学の形式の一つであって、行列力学と対照的な形式である。しかし両者は互いに同等な量子力学の理論であって、表現が異なるだけであることが示されている。
 1926年、シュレーディンガーは、ド・ブローイが提唱した電子の波動を幾何光学の類推に基づいて拡張し、ポテンシャルの作用を受けている場合の電子の波動方程式すなわちシュレーディンガーの波動方程式を導いた。ここでは電子の運動量・エネルギーおよび電子の受けるポテンシャルに対して波動の波数(波長の逆数)、振動数および屈折率が対応している。
 量子力学に従った運動状態、すなわち量子的状態として異なるものを重ね合わせたものも一つの量子的状態である。この重ね合わせ可能という特徴は量子的状態の本質的な内容であって、しかもこれは波動一般の特徴でもある。量子的状態の運動方程式が波動の方程式の形をとることができるのも、このことに基づいていると考えられる。行列力学が物理量を行列として表現しているのに対して、波動力学は量子的状態を連続的な波動として表現することができる。このため量子力学の形式としてもっともよく用いられるが、行列力学と波動力学とは同等であることが示されており、物質が波動であるとは考えられていない。[田中 一・加藤幾芳]
『ルイ・ド・ブロイ編、今泉正訳『波動力学および分子生物学』(1964・白水社) ▽湯川秀樹監修、田中正・南政次訳『シュレーディンガー選集1 波動力学論文集』(1974・共立出版) ▽カール・プルチブラム著、江沢洋訳『波動力学形成史――シュレーディンガーの書簡と小伝』(1982・みすず書房) ▽武谷三男・長崎正幸著『量子力学の形成と論理3 量子力学の成立とその論理』(1993・勁草書房) ▽小出昭一郎・阿部龍蔵監修、江沢洋著『量子力学1』(2002・裳華房) ▽ジャン・ルイ・デトゥーシュ著、鈴木周夫訳『波動力学』(白水社・文庫クセジュ) ▽吉田武監修、高林武彦著『量子論の発展史』(ちくま学芸文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はどう‐りきがく【波動力学】
〘名〙 一九二六年、ルイ=ド=ブロイの物質波の考えを発展させてE=シュレーディンガーがつくり上げた量子力学の一体系。粒子の状態は波動方程式を満足する空間的なひろがりをもった波動関数として与えられる。のち行列力学と内容的には同等であることが明らかになった。
ルクレチウスと科学(1929)〈寺田寅彦〉緒論「素量力学や波動力学にしても」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

波動力学
ハドウリキガク
wave mechanics

量子力学の一形式.1926年にE. Schrödingerがド・ブロイ波の考えを発展させ,粒子の状態を波動関数で表すことを試み,いわゆる水素原子のシュレーディンガー方程式を提出し,その解から水素原子の発光スペクトルの説明に成功した.その後,波動力学は,1925年にW. Heisenbergによって提出されていた行列力学と物理的には同じ内容をもつことがSchrödinger自身によって証明された.波動力学は行列力学よりもなじみやすいので,量子力学を用いるあらゆる分野で幅広く使われている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

波動力学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

波動力学の関連情報

関連キーワード

五所平之助島津保次郎清水宏溝口健二斎藤寅次郎衣笠貞之助田坂具隆プドフキン山本嘉次郎バルトーク

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.