Rakuten infoseek

辞書

法金剛院【ほうこんごういん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

法金剛院
ほうこんごういん
京都市右京区花園にある律宗山号は五位山。本来は清原夏野山荘であったが,承和年間 (834~848) に仏寺とし,双丘寺と号した。天安年間 (857~859) に文徳天皇により,天安寺と改号したがのち荒廃し,大治5 (1130) 年に待賢門院再興して法金剛院と号するようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうこんごう‐いん〔ホフコンガウヰン〕【法金剛院】
京都市右京区にある律宗の寺。山号は、五位山。承和年間(834~848)に清原夏野の山荘を寺とし、双丘寺と称したのに始まる。のち、大治5年(1130)待賢門院が再興、法金剛院と改めた。建立当時の阿弥陀如来坐像は藤原時代末期の代表作。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうこんごういん【法金剛院】
京都市右京区にある律宗の寺。五位山と号する。はじめ右大臣清原夏野の山荘を,死後に寺と改め,双丘(そうきゆう)寺また天安寺と称し,定額寺に列した。その後退転し,1130年(大治5)鳥羽上皇の中宮待賢門院璋子が再興して法金剛院と改称した。有名な本尊の丈六の阿弥陀如来(重要文化財)はこのときの造立である。以後,院政期には上皇,天皇,皇族公卿の崇信厚く,受領層の奉仕による諸堂の造営が続き,衣笠山を背景とする当寺の景観は京の名所となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

法金剛院
ほうこんごういん
京都市右京区花園扇野(はなぞのおうぎの)町にある律宗の寺。五位山と号する。本尊阿弥陀如来(あみだにょらい)。平安初期、右大臣清原夏野(きよはらのなつの)の山荘の地を、死後寺とし、双丘寺(そうきゅうじ)、天安寺(てんあんじ)と称された。平安時代末、鳥羽(とば)上皇の中宮待賢門院璋子(たいけんもんいんしょうし)が法金剛院として復興。広大な寺地にはりっぱな庭園をもち、数多くの堂舎が建ち並び、西行(さいぎょう)など訪問者も多く、多くの和歌が詠まれている。その後荒廃したが、鎌倉時代に唐招提寺(とうしょうだいじ)の円覚(えんがく)が復興、融通念仏を広め、1617年(元和3)泉涌寺(せんにゅうじ)の照珍が再建、真言(しんごん)・天台・禅・浄土四宗兼学の寺とされた。本尊阿弥陀如来坐像(ざぞう)(1130、院覚作)、厨子(ずし)入木造十一面観音坐像、蓮華(れんげ)式香炉(こうろ)など国の重要文化財がある。[田村晃祐]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうこんごう‐いん ホフコンガウヰン【法金剛院】
京都市右京区花園扇野町にある律宗の寺。山号は五位山。承和年間(八三四‐八四八)右大臣清原夏野の山荘の跡に開創した双丘寺に始まる。天安二年(八五八)天安寺と改称。大治五年(一一三〇)鳥羽天皇中宮待賢門院璋子が再建して現在名を称した。弘安二年(一二七九)円覚の入山後は律宗化した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法金剛院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

法金剛院の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.