Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

法起寺【ほっきじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

法起寺
ほっきじ
奈良県北西部斑鳩 (いかるが) 町にある法相宗。「ほうきじ」,岡本寺ともいう。聖徳太子遺命で,その子山背大兄王岡本宮を改めて創建したもの。三重塔は飛鳥建築では日本最大で,国宝

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほっき‐じ【法起寺】
奈良県生駒郡斑鳩(いかるが)町にある聖徳宗の寺。山背大兄王(やましろのおおえのおう)が、聖徳太子の岡本宮を寺としたもの。法隆寺式の伽藍配置で、三重国宝。平成5年(1993)「法隆寺地域の仏教建造物」として世界遺産文化遺産)に登録された。岡本寺。池後(いけじり)寺。池後尼寺。ほうきじ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほうき‐じ〔ホフキ‐〕【法起寺】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほっきじ【法起寺】
奈良県生駒郡斑鳩町にある聖徳宗の寺。山号は岡本山。法隆寺の北東方,岡本集落の南部にあり,地名により岡本寺,池畔にあるので池後(いけじり)寺(池尻寺)とも称された。《上宮聖徳法王帝説》などによると,聖徳太子建立七ヵ寺の一つと伝え,606年(推古14)に太子が《法華経》を説した岡本宮を,遺言により山背大兄王が寺に改めたという。その後638年(舒明10)に福亮僧正が金堂と弥勒像を造り,685年(天武14)に恵施僧正が堂塔の建立を発願し,706年(慶雲3)三重塔の露盤が完成した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ほうき‐じ ホフキ‥【法起寺】
奈良県生駒郡斑鳩町岡本にある聖徳宗の本山。聖徳太子の岡本宮を寺にしたと伝える。開基は山背大兄王。飛鳥建築の三重塔は現存最古。慶雲三年(七〇六)石銘で高さ二四メートル。国宝。ほっきじ。岡本寺。池後(いけじり)寺。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほっき‐じ【法起寺】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

法起寺
ほっきじ
奈良県生駒郡斑鳩 (いかるが) 町,法隆寺の東北方にある古寺
「ほうきじ」とも読み,岡本寺ともいう。聖徳太子の岡本宮を白鳳時代ころに寺に改めたものといわれる。この寺の三重塔はわが国最大のもの。本尊は『十一面観音』。伽藍 (がらん) 配置は法隆寺式であるが,塔・金堂の配置が法隆寺と反対で塔が東にある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法起寺
ほうきじ

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法起寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

法起寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.