Rakuten infoseek

辞書

法規【ほうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

法規
ほうき
Rechtssatz
最も広い意味では法規範一般をさすが,公法学では特に,国民の権利義務に関する法規範をさす。この後者の意味での法規の観念は,国民の権利義務に関する法規範は議会によって定立されなければならないとする考えに基づいて,19世紀の立憲君主制のもとのドイツにおいて形成された。しかし,この考えは特別権力関係において権利または自由を制限する規範や行政組織に関する規範は法規ではなく,したがってこれらの規範の定立には議会の同意は必要ではないとするものであったため,最近では,法治主義の観点からこの意味での法規の観念の有効性に疑問を示す者がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほう‐き〔ハフ‐〕【法規】
法律と規則。特に、その中で国民の権利・義務にかかわるもの。「法規に照らす」「交通法規

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほうき【法規】
法令による定め。国民の権利・義務に関しての定め。 「交通-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐き ハフ‥【法規】
〘名〙 法律。規則。特に、その中で国民の権利・義務に影響をおよぼす規定をさすこともある。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「法規の存する所、全く之を政府の維持に附せば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法規」の用語解説はコトバンクが提供しています。

法規の関連情報

他サービスで検索

「法規」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.