Rakuten infoseek

辞書

法華堂【ほっけどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

法華堂
ほっけどう
法華三昧堂略称普賢菩薩本尊として法華三昧を修行する。後世貴人の納骨堂を法華堂と称するのは,そこで法華懺法を修したためである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほけ‐どう〔‐ダウ〕【法華堂】
ほっけどう(法華堂)」に同じ。
「かの人の四十九日(なななぬか)、忍びて比叡(ひえ)の―にて」〈夕顔

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほっけ‐どう〔‐ダウ〕【法華堂】

法華三昧(ざんまい)を行う堂。法華三昧堂。三昧堂。
皇家・貴人の納骨堂。
奈良の東大寺にある堂舎の一。国宝本堂奈良時代、礼堂は鎌倉時代の建立で、毎年陰暦3月に法華会が行われるので三月堂ともいい、本尊にちなんで羂索堂(けんじゃくどう)ともいう。本尊の不空羂索観音をはじめ、多くの天平時代仏像安置

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほっけどう【法華堂】
法華経信仰による仏堂。時代や宗派によって形式内容に相違がある。奈良時代の東大寺では《法華経》〈普門品〉との関係で,観音像を祀る正堂と祭儀のためのらい)堂とを双堂(ならびどう)とした。平安時代には天台・真言両宗とも常行三昧堂と法華三昧堂を設けた。この二つの堂を廊でつないだものは,天秤をかつぐ姿に似るため担い堂(にないどう)と呼ばれた。両堂とも一間四面に孫庇(まごびさし)をめぐらした五間堂で,中央の仏壇四周をめぐる修法が行ぜられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほっけどう【法華堂】
「法華三昧堂」の略。
貴人の納骨堂。
奈良市東大寺の堂舎の一。733年良弁ろうべんの創建と伝える。旧暦三月に法華会が修されることから三月堂とも呼ばれる。羂索けんじやく堂。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

法華堂
ほっけどう
『法華経』を講じる建物。東大寺の法華堂が有名。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほけ‐どう ‥ダウ【法華堂】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法華堂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

法華堂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.