Rakuten infoseek

辞書

法性寺流【ホッショウジリュウ】

デジタル大辞泉

ほっしょうじ‐りゅう〔ホツシヤウジリウ〕【法性寺流】
和様書道の流派の一。法性寺殿とよばれた藤原忠通に始まる。藤原行成書風に力強さを加えたもので、武家社会で広く行われた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほっしょうじりゅう【法性寺流】
日本書道の流派の一つで,法性寺に住み法性寺殿と呼ばれた関白藤原忠通にはじまる。小野道風,藤原行成の和様を継いで強さを加え,字形を整えた書風で時好にかなって広く行われ,忠通の子藤原兼実らに承け継がれて,鎌倉時代にも流行した。《筆道流義分》では,これから後京極流が出たように記されている。法性寺流の書風の入った遺品としては,藤原(世尊寺)伊行の《葦手(あしで)下絵和漢朗詠抄》(国宝)などが顕著な例。【田村 悦子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほっしょうじりゅう【法性寺流】
和様書道の一流派。藤原忠通の創始。藤原行成の書風に自風を加味して一流をなす。強い筆力と雄渾さが、武家社会に迎えられて流行した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

法性寺流
ほっしょうじりゅう
平安末期の能書、藤原忠通(ただみち)の始めた書流。流名は、摂政(せっしょう)・関白に上った忠通が晩年に京都白河の法性寺境内に住したことから法性寺殿とよばれたのにちなむ。彼は当時の伝統的な和様書道に加えて、新興の武家文化の影響に支配されて、重厚で粘りのあるたくましい書を残した。この新書風は、転換期の世情に適合し、大きな流行をみせる。尊円法親王の『入木抄(じゅぼくしょう)』には、「法性寺関白出現之後、天下一向此(この)様に成て、後白川(ごしらかわ)院以来時分如此。剰後京極摂政相続之間、弥(いや)此風さかりなり。後嵯峨(ごさが)院此(これ)までも此躰(このてい)也」と、その流れの展望を示している。忠通の一系には相次いで多くの能書を輩出したが、孫の良経(よしつね)(1169―1206)の後京極(ごきょうごく)流、その子の教家(のりいえ)(1194―1255)の弘誓院(ぐぜいいん)流の名で継承されていく。[神崎充晴]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほっしょうじ‐りゅう ホッシャウリウ【法性寺流】
〘名〙 小野道風・藤原行成などの和様で優雅な書風に雄渾さを加えた藤原忠通の書風をいう。忠通の通称、法性寺殿からの名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法性寺流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

法性寺流の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.