Rakuten infoseek

辞書

法師【ホウシ】

デジタル大辞泉

ほう‐し〔ホフ‐〕【法師】
仏法によく通じ、人々を導く師となる者。また一般に、僧。出家。ほっし。
俗人で僧形をした者。「琵琶(びわ)法師」「田楽法師
《昔、男の子は頭髪をそっていたところから》男の子。
「いつかまた―が母にあひたけの、乱れ心や狂ふらん」〈虎明狂・法師が母
名詞に添えて「人」の意を表す。多く「ぼうし」と濁る。「一寸法師」「影法師

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほっ‐し【法師】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうし【法師】
狭義にはもっぱら仏法を演説する師のことを指すが,広義には出家して衆生を導くのことをいう。〈ほっし〉〈のりのし〉とも読む。《日本書紀》は僧,沙門,大徳などを〈ホウシ〉と訓じているので,早くから国語化して用いられたものと思われる。律令時代には伝灯大法師位,伝灯法師位のように僧位の名称ともなったが,一般には僧侶を意味し,延暦寺の僧を山法師,園城(おんじよう)寺の僧を寺法師,興福寺の僧を奈良法師とも呼ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ほっし【法師】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうし【法師】
仏道を修め、仏法に精通し、その教えを広め導く人。僧。僧侶。出家。
法体をした俗人の男子。 琵琶- 六十余りの-、素肌に紙子の袷、破れたる十徳に浅黄の頭巾横さまに被き/浮世草子・好色万金丹
昔、男の子は頭髪をそっていたところから 男の子。
「法師武者」の略。
他の語の下に添えて、「人」の意を表す。多く「ぼうし」と濁る。 影-
[句項目] 法師の櫛貯え

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

法師
ほうし
僧侶(そうりょ)の総称として用いられるけれども、古くは僧位として伝燈(でんとう)大法師位、伝燈法師位、修行大法師位、修行法師位の四階があった。すなわち、もとは敬称だったのである。仏法の師であって、経を持ち、読み、誦(ず)し、解説し、書写する師を五種法師といった。しかし一般僧侶が上人(しょうにん)とか禅師(ぜんじ)、論師、律師などの敬称でよばれるようになると、下位の僧や山伏的堂衆(どうしゅ)だけを法師とよび、山法師(比叡山(ひえいざん))、寺法師(園城(おんじょう)寺)、奈良法師(興福寺)は僧兵の別称となった。[五来 重]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のり‐し【法師】
※書紀(720)孝徳即位前(北野本訓)「沙門(ノリシ)(〈別訓〉のりのし)旻法師(みんほうし)、高向の史(ふみひと)玄理を以て、国の博士と為」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐し ホフ‥【法師】
〘名〙
① 仏語。出家して仏道を修行し、仏法に精通して、衆生を正しく導く師となる者。
※円照上人行状(1302)「通悟性相、名為恵学、阿毗達摩所似精祥、名之法師」 〔法華経‐序品〕
② 僧侶。出家。
※書紀(720)崇峻元年是歳(図書寮本訓)「僧(ホウシ)・令斤・恵等を遣して仏の舎利を献る」
※徒然草(1331頃)五二「仁和寺にある法師、年寄るまで、石清水を拝まざりければ」
③ (昔、男の子は頭髪をそっていたところからいう) 男の子。坊(ぼう)
※俳諧・誹諧之連歌(飛梅千句)(1540)京何第九「少人のいにしへ今のひとりごと いつかほうしのうかひ出まし」
④ 俗人の法体した者。特に琴、三味線の師匠をし、また遊興の相手などする座頭。
※浮世草子・好色二代男(1684)六「夢松、昼太夫と、替名呼て、皆六十余の法師(ホウシ)也」
⑥ ある語に添えて「人」の意を表わす語。多く、「ぼうし」と濁る。「一寸法師」「影法師」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほっ‐し【法師】
※熱田本平家(13C前)四「大衆已下の法師(ほッし)(ばら)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法師」の用語解説はコトバンクが提供しています。

法師の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.