Rakuten infoseek

辞書

法定代理【ほうていだいり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

法定代理
ほうていだいり
本人の意思とはかかわりなく,法律の定めによって代理権が与えられること。任意代理に対する概念。本人の私的自治を補充する機能を有している(→私的自治の原則)。法定代理人には,(1) 未成年者親権者(民法818,819条3項本文)などのように,本人と一定の親族関係にあることによって法律上当然に法定代理人になる場合,(2) 協議で親権者になる者(819条1項,3項但書,4項)や,遺言で未成年者の後見人に指された者(指定未成年後見人。839条)などのように,協議や指名によって法定代理人になる場合,(3) 不在者財産管理人(25,26条),相続財産管理人(918条3項,952条),未成年者や成年被後見人の後見人(→後見。840,843条)などのように,家庭裁判所選任によって法定代理人になる場合などがある。その代理権限の範囲は,それぞれの法律の規定によって決められる。また,任意代理人と異なり,復代理人(→復代理)を選任する権限が常に認められるが,復代理人の選任監督に関する過失がなくても,原則として法定代理人は全責任を負う(106条第1文)。ただし,やむをえない事由による復任の場合には,選任・監督についてのみ責任を負う(106条第2文)。そのほかの点については,おおむね法定代理人と任意代理人との間に差異はない。(→代理

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうてい‐だいり〔ハフテイ‐〕【法定代理】
本人の意思によるのではなく、法律の規定に基づいて代理権が生じる場合の代理。未成年者に対する親権者の代理など。また、その代理人を法定代理人という。→任意代理

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうていだいり【法定代理】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ほうてい‐だいり ハフテイ‥【法定代理】
〘名〙 本人の意思に基づかず、法律の規定によって当然に生ずる代理。未成年者に対する親権者の代理などがこれにあたる。任意代理に対するもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法定代理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

法定代理の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.