Rakuten infoseek

辞書

【いずみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


いずみ
熊本県中南部,八代市東部を占める旧村域。九州山地の中にある。西流する氷川上流域の下岳 (しもだけ) 村,柿迫 (かきざこ) 村,栗木 (くりぎ) 村の3村と,南流する川辺川上流域の久連子 (くれこ) 村,椎原 (しいばる) 村,樅木 (もみぎ) 村,仁田尾 (にたお) 村,葉木 (はぎ) 村の5村,いわゆる五家荘とが合体し,1954年泉村として成立。 2005年八代市,坂本村,千丁町,町,東陽村の5市町村と合体して八代市となった。山地が広く,茶,ソバ,シイタケを産し,ヤマメを養殖。栴檀轟瀑 (せんだんとどろばく) ,久連子峡などの渓谷美と原生林が有名。平家落人伝説の地として知られ,伝説館や資料館がある。五木五家荘県立自然公園と,一部は九州中央山地国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


いずみ
福島県南東部,いわき市南部にある地区。旧町名。 1954年近隣町村と合体して磐城市となり,66年からいわき市の一部。 JR常磐線泉駅前地区は,都市計画により商店街が形成されている。小名浜の西の玄関口として交通の便に恵まれ,住宅地域となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


いずみ
spring
湧泉 (ゆうせん) ともいう。地下水地表に集中的に湧出する天然露頭。湧出口が河川水や湖沼の水でおおわれている場合でも,上記と同様の湧出状況が確認できれば,湧泉とみなされる (例:河底泉,湖底泉) 。集中的に湧出する湧水口が明瞭に認められないが,一定範囲の地域にわたり地下水が地表面に拡散して現出する場合は,泉と区別して表面浸出 surface effluent seepageという。高所に降った雨が地下にしみこみ,透水層中を低所に向って流れ,その帯水層が地表に露水するところで泉となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いず‐み〔いづ‐〕【泉】
《「出水(いずみ)」の意》地下水が自然に地表にわき出る所。また、そのわき出た水。湧泉(ゆうせん)。 夏》「―への道後(おく)れゆく安けさよ/波郷
物事が出てくるもと。源泉。「希望の」「知識の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いずみ【泉】[仙台市の区]
仙台市北部の区名。住宅地。もと泉市で、昭和63年(1988)仙台市に編入、翌年区となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いずみ【泉】[姓氏]
姓氏の一。
[補説]「泉」姓の人物
泉鏡花(いずみきょうか)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いずみ【泉】[横浜市の区]
横浜市の区名。昭和61年(1986)戸塚区から分区。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せん【泉】[漢字項目]
[音]セン(漢) [訓]いずみ
学習漢字]6年
地中からわき出る水。いずみ。「泉水温泉渓泉源泉鉱泉神泉清泉盗泉飛泉噴泉湧泉(ゆうせん・ようせん)
温泉のこと。「泉質塩泉間欠泉単純泉
あの世。「泉下黄泉(こうせん)
穴あき銭。「泉貨刀泉
和泉(いずみ)国。「泉州
[名のり]み・みず・みぞ・もと
[難読]和泉(いずみ)黄泉(よみ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

フランスの画家ドミニク・アングルの絵画(1820-56)。原題《La source》。泉の擬人像である女性が水瓶から水を注ぐ姿を描いた作品。新古典主義絵画における裸婦像の傑作の一つとされる。パリ、オルセー美術館所蔵。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

1956年公開の日本映画。岸田国士の小説を原作とする。監督:小林正樹脚色松山善三。出演:佐分利信有馬稲子佐田啓二渡辺文雄内田良平、桂木洋子ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

正式社名「泉株式会社」。英文社名「IZUMI-COSMO COMPANY, LIMITED」。建設業。昭和22年(1947)「株式会社泉商会」設立。同38年(1963)現在の社名に変更。本社は大阪市北区中之島。化成品専門商社。映像用スクリーン・テント用膜材・カーシート用原糸などを販売。ほかに集塵機用フィルターなど。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いずみ【泉】
宮城県中部,仙台市の北西部に位置する旧市。1955年七北田(ななきた)村と根白石(ねのしろいし)村が合体して泉村となり,57年町制,71年市制。88年に仙台市に編入され,89年には泉区となった。西部の泉ヶ岳(1172m)より発する七北田川流域を占める。中・上流域は農山村で,中流以下は水田地帯となり,自然堤防上では市街向けの野菜栽培も盛んである。中心集落の七北田は陸羽街道沿いの旧宿場で街村として発達し,現在でも商店が最も密集している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

いずみ【泉 spring】
地下水が自然に地表へ湧出したもので,湧泉ともいう。湧出形態によって次の三つに分類できる。(1)逬出(へいしゆつ)泉 岩の裂け目や崖からほとばしり出るもので,日本ではこれを走井(はしりい)と称した。山岳地帯に多く,場所によっては瀑布を懸ける。富士山麓白糸の滝が代表。(2)池状泉 釜,,湧壺とも称した。盆状のくぼんだ底から湧出し,水をたたえるもので,富士山麓の山中湖北西にある忍野八海(おしのはつかい)が有名。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いずみ【泉】
〔出水いずみの意〕
地中から水のわき出てくるところ。また、その水。 [季] 夏。 《 刻々と天日くらき-かな /川端茅舎 》
(比喩的に)物事の現れる源。 「知識の-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いずみ【泉】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔北海道〕泉(いずみ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔千葉県〕泉(いずみ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔埼玉県〕泉(いずみ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔富山県〕泉(いずみ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔岡山県〕泉(いずみ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔愛知県〕泉(いずみ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔新潟県〕泉(いずみ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔栃木県〕泉(いずみ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔石川県〕泉(いずみ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔福岡県〕泉(いずみ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔茨城県〕泉(いずみ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔静岡県〕泉(いずみ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いず‐み いづ‥【泉】
[1] 〘名〙
① (「出水」の意) 地中からわき出てくる水。また、そのわき出る場所。《季・夏》
※書紀(720)持統七年一一月(北野本訓)「試みに近江の益須郡の醴泉(こさけのイツミ)を飲ましめたまふ」
※俳諧・都曲(1690)上「結ぶより早(はや)歯にひびく泉かな〈芭蕉〉」
② (①を比喩的に用いて) ものごとの出てくるもと。源泉。
※くれの廿八日(1898)〈内田魯庵〉五「人生の苦限を救ふのは愛(ラヴ)の霊泉(イヅミ)だと初めて気が附いた」
③ 「いずみどの(泉殿)」の略。
※讚岐典侍(1108頃)下「堀河のいづみ、人々見んとありしを」
④ (死の世界を「黄泉(こうせん)」というところから) 死者の行く世界。よみのくに。黄泉。
※車屋本謡曲・松山鏡(1539頃)「往事渺茫としてすべて夢ににたり。旧遊零落して半(なかば)(イズミ)に帰す」
[2]
[一] 横浜市の行政区の一つ。昭和六一年(一九八六)戸塚区から分離成立。市南西部、境川支流の和泉川東岸にある。相模鉄道いずみ野線が通じ、通勤住宅地として発展。
[二] 仙台市の行政区の一つ。平成元年(一九八九)成立。市北西部、七北田(ななきた)川流域にある。旧泉市域。商業・住宅地域。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

泉の関連情報

他サービスで検索

「泉」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.