Rakuten infoseek

辞書

沿岸流【えんがんりゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

沿岸流
えんがんりゅう
coastal current
から数十 km以内で,海岸にほぼ平行な海水流れ並岸流ともいう。砂州砂嘴トンボロなどは沿岸流に運ばれた砂の堆積地形である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えんがん‐りゅう〔‐リウ〕【沿岸流】
海岸に沿ってほぼ平行する海水の流れ。砕波帯から数十キロメートル沖合までの海域にみられる。並岸流。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイビング用語集

沿岸流
ロングショアカレント。岸に対して垂直ではなく、角度をもってが押し寄せてくるとき、その岸に沿って平行な 方向に起こる流れ。寄せてくる波が大きいほど、その波の岸に対する角度が大きいほど、さらに岸が切り立っているほど沿岸流は遠くなる。岸の近くでは流れは強く、沖では弱い。

出典:ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』
Copyright (C) 2010 DIVENET CO.LTD. AllRights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんがんりゅう【沿岸流 longshore current】
波が沖合から海岸線と斜めに押し寄せて砕ける場合に,特に砕波帯より岸側の水域に顕著に生じる,海岸にほぼ平行な比較的安定した流れ。波が高いほど流れは速く,毎秒数十cmから1m以上に達する。海岸の砂を長期間にわたり一方向に運搬する働きをもつので重要。なお,沖合数kmまでの沿岸海域の海岸に平行な海流や潮流による流れ(海岸流coastal current)や,砕波帯内の波の作用による流れ一般(海浜流nearshore current,littoral current)を沿岸流とよぶこともある。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

えんがんりゅう【沿岸流】
並岸流

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

沿岸流
えんがんりゅう
coastal current
一般に海岸の磯波(いそなみ)帯に隣接する部分から、その沖合い数十キロメートル付近までの間にみられる、海岸線に平行に流れる海流をいう。沿岸流には、沖合いを流れる海流の一部やその支流、潮流、吹送流、河川水による局所的なものなど、さまざまな原因の流れが含まれ、流速も海峡付近の潮流のように5ノット以上の強流から、0.5ノットにも満たない微弱流まで広範にわたっている。沿岸流は、陸上から流入したり、沿岸域で生産される種々の物質(栄養塩類、魚卵、稚仔(ちし)、砂泥)や海氷等を輸送、混合、分散する働きをし、沿岸域の漁業、環境保全、船舶の航行などに多くの影響をもたらしている。[長坂昂一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沿岸流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

沿岸流の関連情報

他サービスで検索

「沿岸流」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.