Rakuten infoseek

辞書

沼田市【ぬまた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

沼田〔市〕
ぬまた
群馬県北東部,武尊山赤城山などに囲まれた山あいの市。 1954年沼田町と利南村,池田村,薄根村,川田村の4村が合体して市制。 2005年白沢村と利根村を編入沼田盆地にある中心市街地の沼田は薄根川と片品川に挟まれた河岸段丘上にあり,天文1 (1532) 年沼田氏が築城して以来,城下町として発達。また三国街道宿場町で,4,8の日には六斎市も開設されて農産物,林産物の取り引きで繁栄した。道路網や町割に城下町の面影を残す。養蚕,野菜栽培,畜産が盛ん。製材,木製品などの工業が発達。尾瀬,奥日光方面への観光基地。天狗で知られる迦葉山弥勒寺がある。薄根の大クワは国の天然記念物。中北部の吹割渓谷ならびに吹割滝は国の名勝・天然記念物に指定されている。 JR上越線,国道 17号線,120号線が通り,東部に関越自動車道のインターチェンジがある。面積 443.46km2。人口 4万8676(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぬたいち【沼田市】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

ぬまた‐し【沼田市】
沼田

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沼田市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

沼田市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.