Rakuten infoseek

辞書

治承・寿永の内乱【じしょうじゅえいのないらん】

世界大百科事典 第2版

じしょうじゅえいのないらん【治承・寿永の内乱】
1180年(治承4)以仁王(もちひとおう)の令旨(りようじ)を受けた諸国源氏の挙兵から,85年(文治1)3月長門国壇ノ浦(下関市)に平氏一門が壊滅するまで,主として源平両氏による決戦かたちをとって進行した全国的規模の内乱。当時の年号を冠してこう呼び,たんに治承の乱,あるいは源平の合戦(争乱)とも称する。
[内乱の序章
 すでに12世紀中葉,全国各地では国守・目代と在地武士との対立が激化し,ときにそれは後者反乱を惹起していた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

治承・寿永の内乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

治承・寿永の内乱の関連情報

関連キーワード

源平の合戦以仁王鎌倉幕府フィリップ[2世]大庭景親工藤茂光佐奈田義忠堤信遠波多野義常三浦義明

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.