Rakuten infoseek

辞書

油谷【ゆや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

油谷
ゆや
山口県北西部,長門市西部の旧町域。日本海に臨む。 1954年菱海村,宇津賀村,向津具村の3村と日置村の一部が合体して町制。 2005年長門市,三隅町,日置町の1市2町と合体して長門市となった。油谷湾をいだく向津具半島西半,南部の天井ヶ岳 (691m) 山地およびその間の掛淵川流域の平野からなる。平野部では米作,野菜栽培が行なわれるが,半島部はため池の多い棚田地域である。漁業も行なわれ,大浦は海女によるアワビ,サザエ,テングサ採取で知られたが,近年栽培漁業に転換している。玄武岩柱状節理板状節理で知られる俵島,津黄の「竜宮の潮吹」は国の名勝および天然記念物。油谷湾を中心とする一帯は西長門海岸県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

油谷
ゆや
山口県北西端、大津郡にあった旧町名(油谷町(ちょう))。現在は長門市(ながとし)の西部を占める地域。油谷湾を抱く玄武岩台地の向津具(むかつく)半島、大津平野、長門(ながと)山地の天井(てんじょう)ヶ岳北斜面からなる。旧油谷町は、1954年(昭和29)菱海(ひしかい)、宇津賀(うつが)、向津具の3村と日置(へき)村蔵小田(くらおだ)地区が合併して成立。2005年(平成17)長門市と合併。農林漁業を主要産業とする。北部の玄武岩台地は地すべり地帯で、溜池(ためいけ)の多い緩斜面に棚田(たなだ)が発達し、大津平野は北浦有数の米作地。油谷湾や日本海沿岸は一本釣りや敷網が盛んで、向津具半島の大浦(おおら)は海女(あま)漁業で有名。北東部の日本海沿岸は「竜宮の潮吹」(国指定天然記念物・名勝)とよばれる洞窟(どうくつ)などがあり、川尻(かわしり)岬、俵(たわら)島(国指定名勝・天然記念物)、油谷湾一帯とともに北長門海岸国定公園に指定。JR山陰本線、国道191号、491号が通じ、山陰本線人丸(ひとまる)駅周辺が地域の中心となっている。[三浦 肇]
『『油谷町史』(1990・油谷町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

油谷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

油谷の関連情報

他サービスで検索

「油谷」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.