Rakuten infoseek

辞書

油のひかえ方【あぶらのひかえかた】

食の医学館

あぶらのひかえかた【油のひかえ方】
 揚げものは油を多く含むため、肥満を気にする人や脂質異常症の人には勧められないのが難点。
 しかし、作り方しだいで油の量を減らすことができます。
 そのためには、次のような方法があげられます。
(1)揚げ方をフライやてんぷらより、素揚げやから揚げにする。
(2)下味をつけたときは漬け汁をよく拭き取る。
(3)フライ衣の下地の小麦粉は、よく払っておく。
(4)フライ衣のパン粉は生パン粉ではなく、ふつうのパン粉の細かいものを使う。
(5)揚げものの表面積を小さくする、といったことがポイント。
(6)揚げたあとは、ペーパータオルなどで余分な油を吸い取ることも、忘れないようにしましょう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

油のひかえ方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

油のひかえ方の関連情報

他サービスで検索

「油のひかえ方」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.